のんびり日記

87062acde8fcbcd60c76d324461612321
本日は、菊川市でリセット住宅(スケルトンリノベーション)をお考えの方へのプランを作成していました。


間取り図面は、見慣れた人でないと実際のイメージがつきにくいものです。

間取りだけでなく、キッチンや家具、建具など、

ひとつひとつを見て決めてわかっているつもりでも、空間全体のイメージとなると、難しいですよね。


お客様に完成後のイメージをもってもらえるように、当社では、完成イメージパースをつくっています。

家具の配置、床材、壁紙、建具など

パッと目で見てわかりやすくなります


平面の図面だけでは表現できない詳細も、イメージパースでは表現できるので好評いただいております。


お客様のご要望がしっかりと伝わっているかどうかも、イメージパースを作成するとわかりますので

お客様にとっても当社にとっても、イメージのすれ違いがなくなるので助かります。

最終的な細かい箇所の打ち合わせにも便利です


ぼんやりとしたイメージが形になると、より完成への期待値が膨らみます。

お客様と一緒に、完成後の理想の生活を作り上げていくつもりで、プラン作成にも力をいれていきます!



新築・リフォームをお考えの方、ぜひ一度ユキトシまでご相談ください。

お客様に寄り添って、快適な暮らし提案させていただきます



菊川市/築26年脇屋リセット住宅

開放的な対面キッチン。

天然木の内装に合ったナチュラルなキッチンです。


「キッチンは対面にしたい」

「キッチンまわりが見えないようにしたい」

「収納たっぷりのキッチンスペースにしたい」

などなど・・

家づくりを考える際、キッチンへの希望はみなさんお持ちではないでしょうか。



最近は対面型のキッチンが流行りですよね。

キッチンと一言であらわしても、形や設置の仕方でいろいろな種類があります。

今回はそんなキッチンの種類をお伝えしていきます。


いろいろなキッチンの種類を知ろう

36Z8650
キッチンには、形と配置で複数の種類があります。

でいうと

・I型キッチン
・L型キッチン
・セパレートキッチン

三種類が主流です。

I型キッチンは、コンロ・作業スペース・シンクが一直線になったもの。

キッチンと言えばこの形!というほど一番多い種類ではないでしょうか。


L型キッチンは、そのままL字にキッチンが曲がっています。

I型よりも大きめなキッチンが多く、L字に曲がっていることで作業中の移動が楽なのが特徴です。

コーナー部分の収納がデッドスペースになりやすいですが、最新のキッチンだとそのあたりがとても改良されています。


セパレートキッチンは、コンロとシンクが二列にわかれているキッチンです。

コンロ側とシンク側の両方に作業スペースがあり、対面キッチンと壁付けキッチンの両方のメリットが味わえるのが特徴です。


19MH-PC
次に、配置の種類ですが

壁付けキッチン
対面キッチン

の二つがあります。

壁付けキッチンはキッチンの前面が壁になっていて、部屋の片隅に配置する種類のものです。

作業に集中しやすいことと、キッチン以外の空間が広くとれるのが特徴です。


対面キッチンは、いま流行りのキッチンで、正面の壁が無く、リビングの様子を見ながら開放的に作業ができるのが特徴。

その中にも

キッチンが壁に接しないアイランド型

左右のどちらかが壁に接している「ペニンシュラ型

正面の壁をくり抜いて対面にした「I型

と三種類あります。


アイランド型」は開放的で、キッチンの周囲をぐるりと回れるので、動線が確保しやすく、使い勝手がいいので注目されています。

ただし、そのぶん広いスペースが必要となってくるので間取り的に難しい場合も・・。


ペニンシュラ型」は、アイランド型に比べると間取りや広さの制約を受けにくいので、人気の配置。

アイランド型と同じく開放的なキッチンスペースを実現できます。


I型」は、アイランド型とペニンシュラ型にはない、キッチン上収納が設置できるのが特徴。

壁付けキッチンの正面の壁だけをくり抜いた感じです。
収納力も求めつつ、対面キッチンにしたい場合に好まれます。



牧之原市/LDK天然木リフォーム施工事例
【牧之原市/築20年 リノベーション】

こちらは、壁付けのキッチン。

掃き出し窓とキッチンの前にも窓があってとても明るいスペースになっています。

牧之原市/LDK天然木リフォーム施工事例
こちらはさらに引いて撮った写真です。

広く空間を使えるのは、壁付けキッチンの特徴。

大空間のLDKにしたい方にはおすすめです。
牧之原市/築30年二世帯リセット住宅After
【牧之原市/築30年 リノベーション】

こちらは、ペニンシュラ型キッチン。

手元が隠れるように天板から20㎝ほど腰壁をつけました。

牧之原市/築30年二世帯リセット住宅After
こちらが、リビング側からの写真。

キッチン天板も隠れてスッキリ

赤松のスリット板の木目がきれいですよね。

牧之原市木のひらや
【牧之原市/新築「木のひらや」】

こちらも対面キッチンのペニンシュラ型

キッチンの区画がしっかり分けられている半個室型なので、

目隠しになりやすくキッチンスペースを自由に使いやすいです。
29c0c13aeec2af5262c7e1a56f5cd2c8
ちょうどキッチン前に降りてくる階段上からの写真。

リビングダイニングスペースは見えますが、キッチンスペースは隠れています。

どうしてもキッチンは生活感がでるところ。

パッと見えないだけでもすっきりきれいに見えます。

キッチンの種類を知って理想の家づくりを


いろいろなキッチンの種類をお伝えしました。

キッチンというのは、種類や配置など、ひとそれぞれの好みがあります。

流行りだからと決めてしまうと、自分のスタイルに合っていないと後悔してしまいます。


快適な生活をおくるためにも、いろいろなキッチンを知って、自分に合ったキッチンを選びましょう

いろいろなお話を聞いて、こちらからもお客様に合ったプランを提案させていただきます。


ぜひ、どんなことでもお気軽にご相談くださいね


6ffe46185782547da9a9fa24a3a155de1
今回は、玄関の話です。

家と言えば、リビングやキッチン、寝室などの生活スペースをパッと思い浮かべますよね。


家の中で一番人の目につく場所はどこだと思いますか?

そう、玄関です。

住んでいる人たちも、外出時と帰宅時には玄関を通ります。

来客時、家に上がらずとも目に触れてしまう玄関。


最近では、玄関つながった広ーい土間シューズクロークも人気で注目されていますよね。

大きなベビーカーがそのまま収納できたり、

雨の日のカッパや傘などの雨具を濡れたまま置けたり、

大容量の収納スペースが玄関にあるとなにかと便利です。


また、コロナウイルスの感染症拡大に伴って、

玄関で手洗いができるような間取りも注目されています。


玄関にもぜひこだわってみてください。


さまざまな玄関スペース

IMG_3243
玄関扉を入って正面。

壁一面に広がる木目が美しい赤松の玄関装飾。

間接照明が上下にあり、優しい雰囲気を醸し出しています。
g-IMG_9914
古民家ならではの広い玄関スペースを生かして、

リフォームしました。

正面の飾り窓のステンドグラスはオシャレで目を惹きます。

掛川市 築38年天然木リフォーム
繊細で美しい当社おすすめの千本格子の引き戸。

この格子戸であれば、閉めているとまるで飾りのようで、

室内の目隠しになりつつ、オシャレな空間の演出にもなります。


掛川市 築38年天然木リフォーム
こちらは、左写真の左手にある土間続きのシューズクローク。

土間からだけでなく、室内側からも使えるのがポイント!


菊川市築30年天然木リセット住宅
土間続きのシューズクローク、広い玄関ホール。

正面の階段も良いアクセントになっています。

天然無垢材でつくられた玄関スペースは、

シンプルで温かみもあって優しい雰囲気がでます。

収納の多い玄関ホール
古民家ならではの、広い玄関スペースを再活用。

右奥はそのまま洗面所につながっています。

手前からも奥からも室内にアクセスできるので、

動線も自由自在。

玄関スペースにアイデアを


家の顔ともいえる玄関スペース。

多くの人が使い、目にする場所だからこそ、こだわってみませんか。



さまざまなアイデア・工夫をこらすことで、

それぞれの家庭に合った素敵な場所になります。


ぜひ、いろいろな希望をご相談ください。

お客様の希望を叶えるような素敵な玄関スペースをご提案します。


牧之原市/古民家再生After
本日も、菊川市で古民家再生をお考えの方へ向けたプランを作成していました。

古民家再生で大切なことは、

現在の家屋のどこを生かすことができるのか・・

をしっかりと考えることです。

柱や梁、絶対に構造上取ってはいけないものをしっかり判断して、

なおかつ、今よりも

耐震・耐久・省エネ(断熱/遮熱)性能を上げるようにするかが重要です。


当社では、しっかりと建築の知識と経験がある担当者が現地調査に伺います。

耐震診断も自社で行いますので、古民家再生をお考えの方は安心してお気軽にご相談ください。



古民家再生の実例

当社の古民家再生の施工事例をお伝えします。

写真かタイトルをクリックで詳しく見れますので、ぜひご覧ください。

良いものを生かしたリフォームを

牧之原市/古民家再生After

古民家再生で大切なこと施工事例をお伝えしました。

いかがでしたか?


古民家と呼ばれる昔の住宅は、とても良い木や建具が使われています。

良い物を長く使うことは、環境にも配慮したこれからの時代に必要な考え方のひとつです。


ぜひ、古いからと建て替えを考えるのではなく、今あるものを生かしたリノベーションをしませんか?




a6fe93f73c0b4eb1aab2a5e124e8dcc1
本日は、菊川市で新築をお考えの方の見積りを作成していました。

何かを買う際に気になるのが金額。

家づくりを考えるうえでも、一番知りたいところですよね。

しかし、

「新築を建てたいんです!いくらですか?」→「○○円ですね!」

とはならないのが住宅購入・・。


土地代を別で考えても、その土地がそのまま家を建てることのできる土地なのか・・。

場所によって、家を建てるときの決まりが違っていたり・・・。

水道やガス、電気なども地域によって工事の内容に差が出てくるものです。


「規格住宅でそのままでいい!」と言っても細かいところには違いが出てきます。


ですので、家づくりのご相談にいらっしゃるお客様にすぐさま金額をお伝えすることはできません。

もちろん、ざっくりと坪単価いくらで、今までの施工事例でおおよその金額をお伝えすることは可能です。



しっかりとした見積りが知りたい場合は、
まず家のプランを決め、
場所を決め、
現地調査をしっかりと行ったうえで・・ということをご了承ください。


家の購入は金額も大きく、一生で一度きりの買い物になることがほとんどです。


当社は、お客様に真摯に向き合い、いつでもお客様に寄り添って、お客様が納得いくまで提案させていただきます。


ぜひ、一緒に理想の家づくりをしませんか?

ご相談お待ちしております!