のんびり日記

本日は、菊川市で新築をお考えの方へのプランと、同じく菊川市で古民家のリノベーションをお考えの方へのプランを作成していました。


新築をお考えの方は、プランも複数回やりとりをしているので、細かなところのご要望に合わせた修正プランです。

新築となると、たくさんの夢や希望、理想を盛りこみたくなりますよね。

自由設計でお客様のご要望を叶えるプランをしっかりご提案していきます。

カタチにすることで、またイメージが膨らんでいき、現実的に考えることができるようになります。

すると、ここはこうした方が使いやすい、これはいらない、など様々な考えが浮かんできます。

当初の希望が変わっていくのは当たり前のことだと考え、弊社ではお客様に寄り添って納得のいくプランを一緒に作り上げていきます!

もちろん、こちらは建築の知識と経験をもとにしっかりとアドバイスもいたしますのでご安心ください。

プランの打ち合わせは、弊社ショールームにご来店・お客様宅へご訪問・LINEやメールでのやりとりなど、お客様に合わせて行います。

お好みの手段でご相談くださいませ。


菊川市で古民家再生リノベーションをお考えの方は、次回がしっかりとした打ち合わせになるので、そのためのプラン作りです。

おおがかりなリフォーム(リノベーション)の場合は、現地調査をしっかりと行います。

耐震診断もしたうえで、構造上問題のない間取りの変更プランなどをご提案しております。
安心しておまかせください。


日々、さまざまなお客様のプラン作成に携わっておりますが、まったく同じということはありえません。

地域密着型のユキトシだからこそ、お客様に寄り添って、ご要望と状況に合わせたご提案ができるように精進してまいります。

ぜひ、お気軽にご相談くださいませ!

本日は、御前崎市にお住まいで、2Fの水廻りリフォームをお考えの方へのプランを作成しました



今回は、事前に来店のうえご希望のリフォームについて相談していただきました。
その際に現地調査の日程を決め、本日担当の者がお伺いしました。


お約束の時間にご自宅に伺い、リフォームをお考えの箇所を見て、しっかりとヒアリング

現場の写真も撮影させていただき、そちらを確認しながらプラン作成に取り掛かります。

担当の者がお客様の要望をもとに具体的なプランを考えます。

そして、図面や内観のイメージパースを作成して、よりお客様がリフォーム後のイメージがしやすいようなプランを作成していきます



4470250989a0418f3dca42a9d41245e6
今回は、お客様がお急ぎということと、ヒアリングの中でだいたいのプランが決まっていたので、さっそく作成。

現場を実際に見ている担当がいますので、細かいところの修正もすぐにできます。

見積書やイメージプラン図など、必要なものが出来上がり次第、お客様のもとへ担当がお持ちします。


ユキトシでは、しっかりと建築の知識を持った担当が現地調査を行いますので、プランのご提案がすばやくできます!


ぜひ、御前崎市、菊川市、牧之原市にお住まいでリフォームをお考えの方はユキトシまでご相談ください。

スピード感をもってお客様に最適なプランをご提案します
当社の家づくりのテーマのひとつである耐震について今日は勉強していたので、お伝えします。



地震に強い家ってどういうもの?

その判断基準のひとつとして挙げられるのが【耐震等級】です。


2000年に施行された住宅品質確保促進法(略して品確法)に沿って定められた耐震性能に関する基準になります。

耐震等級1とは、建築基準法で定められた最低ラインを指します。

構造計算上は、百年に一度の大地震【震度6強~7の地震】でも倒壊しないような基準となっています。

※2016年4月に発生した熊本地震が震度7でした。


耐震等級2とは、最低基準(耐震等級1)の1.25倍の耐震強度であることを指します。

学校や病院などの避難場所はこの耐震等級2であることが必須条件です。

この頃よく聞く【長期優良住宅】も、この耐震等級2をクリアしている住宅という決まりがあります。


耐震等級3とは、現段階の最高基準で、最低基準(耐震等級1)の1.5倍以上の耐震強度であることを指しています。

警察署・消防署などの災害活動拠点となる場所はこの基準が守られています。



耐震等級1で1度の地震を耐えていても、その後の余震で倒壊してしまうケースもあります。
建ててから年数の経った時の耐震性能が新築当初と変わらない、というわけでもありません。

地震に耐え、その時倒壊を防いで命は守れたとしても、その後そのままの家で生活ができるというわけでもないのです。
避難所での生活を余儀なくされることにもつながります。
新型コロナウイルスなどの感染症拡大などのリスクもありますし、できるなら、震災後も家で生活ができる環境が望ましいですよね・・


そういったことも考えていくと、これからの住宅には、耐震等級1では不十分。

ずっと住み続けることができる家であるためには、耐震等級3が標準になっていくのではないでしょうか。


耐震に関する補助金も、自治体によりますが、残り数年を目途に制度が終了していくとされています。

御前崎市では令和7年度までで終了するとされています。御前崎市HP


地震はいつ起こるかわからないから、対策を後回しに考えがちですが、いつ起こるかわからないからこそ、はやめに考えておくべきだと思います。



当社で耐震診断も行っております。

ぜひ、ご自宅の耐震性能が気になる方はお気軽にご相談ください。
今のお住まいは築何年ですか?

リフォームを過去にしたことがありますか?

家は、住み続けていれば古くなります。

どのくらいの年数でどこのメンテナンス(リフォーム)をすればいいか?

まだ使える(住める)から大丈夫、と思ってそのままにしていたら突然使えなくなったり快適に暮らせなくなります。

そろそろかな?と前もってメンテナンス(リフォーム)をしていくことで、より快適な暮らしを保ち続けることができます。

今回は、どのくらいでリフォームをすればいいか?の目安をお伝えします。



43d67f5787991aa616a80446f38cfa36
【築10~15年】

壁紙、フローリングの張替え・屋根塗装・外壁塗装・シロアリ駆除


まだ大丈夫かな?と思っていても、この時期に一度メンテナンスを行うことで、その後の傷み具合が変わってきます。

それぞれ種類によって耐用年数は変わってきますが、目安として築10年過ぎてきたらリフォームをお考え下さい。
トイレ
【築15~20年】

水廻り設備(キッチンコンロ・風呂・トイレ・給湯器)

10年程で劣化が気になってくるかもしれません。
使用頻度などによっても劣化の速度は変わってきますが、おおよそ、水廻り設備は20年もてば良い方です。

突然使えなくなった!と焦ることも多い場所なので、余裕をもってリフォームを検討した方が良いでしょう。
4c2ebba487c40ea5952d4342b9241070
【築20年~30年】

室内建具・サッシ・キッチン本体・ユニットバス本体

ドアや窓の建付けが悪くなったり、システムキッチンやユニットバスも交換が必要になってくる時期です。

また、屋根・外壁塗装・フローリングなどもまた傷んでるところがないか確認が必要です。




築年数の目安はお伝えしましたが、数年おきに家の状態をチェックしていくことをオススメします。

快適な暮らしを続けていくためにも、家のメンテナンスをしっかりしていくことが大切です!


もちろん少しずつのリフォームでは間に合わないような、耐震や断熱など、家全体を大規模リフォームすることもできます。

それぞれのご要望に合わせた提案をさせていただきますので、少しでも気になるところがありましたら、ぜひお気軽にご相談ください。

aaf0ca6277d9815bc701fe9746f45db2
今日は現在リフォームをお考えの方に向けたプランを作成していました。

ユキトシでは、間取りの図面だけでなく、プラン内の住宅設備や仕様、内観外観イメージなどをまとめたプランシートを作成してお客様がイメージしやすいようにご提案しております。


実際に新築やリフォームを考えていると、どのような形でプランを決定していくかが気になる方もいるのではないでしょうか。



わが社でのプラン確定までの流れをご紹介します。


4306a384f83ccabfde73f517b1d349e8
◎お問い合わせ
  ↓
◎ショールームにご来店orご自宅へ訪問での 【初回打ち合わせ(ヒアリング)】
  ↓
◎ご要望をもとに間取り図面をご提案 【二回目以降の打ち合わせ】
  :
 ご要望をもとに修正 【納得がいくまで何度でもご要望をお伺いします】
 ・キッチン・トイレ・風呂などの住宅設備品の変更
 ・細かな造作の決定
 ・使用する材料の決定
  :
   ↓
 ◎【見積金額の提示】
        ↓
 ご要望をもとに修正
  :
   ↓
プランが決定次第、正式な見積書を作成し、【契約】!


お客様のご要望をできるだけ叶えられるようしっかりとヒアリング致しますし、
何も具体的なプランは決まっていないという方でも、こちらからプランをご提案させていただきます。

何も決まっていないんだけど・・という方もぜひお気軽にご相談ください!