無垢材の性質・効果

「郷の家」「ツミキ」シリーズでは、土台に樹齢1000年クラスの北米産ヒバの無垢材を使用しています。
寒い地域では、植物はゆっくりと育っていくので年輪は硬く詰まっており(1cmに30ほどの年輪)、とても硬い木材になります。
家のすべての荷重が圧し掛かる土台には最も適しているといえます。

また、ヒバ材にはヒノキチオールという成分が多量に含まれています。
ヒノキチオールは、ヒバなどに含まれる有機化合物(香り成分)で、高い抗菌効果と防腐作用があります。
薬品に頼らず、木材の香りでシロアリ予防・腐食予防ができるので安心ですね。
土台に最適なヒバの剛床工法
乾燥させた木材は強い

これを自社開発の木材乾燥機「ドライランバー」 (特許取得 特許第3315963)で含水率15%以下まで乾燥させていま
す。含水率の高い未乾燥材と比べると、含水率20%以下の乾燥材は2.5倍の強度を誇ります。


下右のグラフは、「木材強度と含水率の関係」についての説明です。
木材は乾燥が進むほど強度を増していきます。
含水率10%の木材は含水率40%の木材に対して、曲げ強度、圧縮強度ともに約2倍となります。
木材乾燥機ドライランバー
乾燥による木材の強度変化グラフ

乾燥と換気が不十分だと築10年以内でも壁内にカビが繁殖したり、土台や柱に腐食が始まることがあります。
いくら購入時の価格が安くても、何年もしないうちに構造材の手入れが必要となるようでは、かえって不経済な家となります。

新築戸建ての際は高温多湿の気候に合わせた施工が肝心です。


24時間換気が必要な家は有害だから

シックハウス法は2003年7月1日に施行されました。

この法律によって国は強制的に換気扇の設置を義務づけました。

なぜでしょうか?

主に新建材から発生する有害な化学物質により体調を崩す人が続出したことが原因です。

いわゆるシックハウス症候群です。

____________________


化学物質が大量に放散されるから「換気して防ぐ」。

これでは本末転倒です。

もともと安全な建材を使用すれば換気など必要ないのです。


____________________

ホルムアルデヒドは頭痛、吐き気、アレルギー、アトピーなどを引き起こします。

小さなお子様はとくに敏感です。


天然無垢規格住宅『郷の家』『tsumiki』シリーズでは、厚生労働省のホルムアルデヒド気中濃度の指針値0.08ppmに対し、
0.015ppmと1/5の結果が出ています。



天然無垢をふんだんにつかった健康住宅「郷の家」

「一物全体」という言葉があります。
これは、この世に存在する生命はそれを構成する部分・要素が協力しあってほどよく全体のバランスを保っており、
自然のままの形で存在するときに最大限のパワーを発揮する、ということを意味します。

木材についても、異なる木ばかりをたくさん集め、接着剤で貼り合わせた人工的な集成材よりも、
一本の木として自然のままの姿を残す無垢材のほうが、はるかに品質が高いことは明らかです。

「無垢」は文字どおり、余計な加工をせず、木の特徴をそのまま活かしたものであることを表します。
木目があり、節目があり、色合いや香りがあり、生き物が生き物らしく感じられるからこそ、味わい深いものなのです。

無垢材は反る、割れやすい、"くるい"が生じると言われることがありますが、
これは乾燥が中途半端な場合に起こることで、無垢材に対する大きな誤解です。
しっかりと乾燥させた無垢材には、少しのくるいも生じることはありません。


木の本当の良さを知る大工は、集成材ではなく、無垢材を使いこなします。
昔の木造建築は、棟上げをして骨格ができれば一年ぐらいは風雨にさらし、充分に自然になじませ、
乾燥させたうえで完成させていたものです。

また現代は、住宅の高気密化、エアコンの普及で、自然界にはない室内環境に無垢材を対応させる必要があり、
優れた人口乾燥の技術も求められています。


こうして充分に乾燥させた無垢材を使った建物こそが、本物の味わいのある住まいであると言えるのです。

弊社の無垢材規格住宅『郷の家』『tsumiki』シリーズは構造材・内装材に、すべて無垢材を使用しています。

郷の家の詳細はコチラから
http://www.reform-yukitoshi.co.jp/satonoie


また、独自の乾燥技術で表面的含水率10%以下を実現。
無垢材を使用する上で不安となるくるい腐朽心配はありません
高品質な家づくり

寝室

(株)ユキトシ郷の家完成見学会

ダイニング キッチン