御前崎市 佐倉 築30年LDK天然木リフォーム 解体・床工事

IMG_5369
築30年のLDK天然木リフォームが始まりました。30年も経つとカラーフロアーは接着が効かなくなりブカブカの状態になることが多いです。冬は床下から冷たい風が入り室内はとても寒いです。
 床の張替えの相談伺いましたが、システムキッチンの取替え、和室の壁を抜いて繋げることで30畳のLDKとなります。仕上げは天然木・自然素材で家具テーブル・収納まで同じ素材でコーディネートします。
完成が楽しみです。

IMG_5380
床を剥がしてみると、サニーライトと言う30mmのスチロール系の断熱材が出て着ました。おまけに根太の中間で止まっている為、カラーフロアーとサニーライト断熱材の間に空気層ができている状態になりますので、断熱材は入れてあっても入っているだけで断熱材の効果ほとんどありません。  床下は、束石の上に、束(木)の上に大引き、の上に根太、の間に断熱材(サニーライト30mm)、その上にフローリングと言う順番で仕上がっていました。その工務店の考え方で造り方はまちまちです。
IMG_5412
既存の床を全部撤去して、新しくやり直しです。新しい床下は束石の上に鋼製束(高さ調整ができる)の上に大引き、の上に根太、の上にジュピーノ45mm、の上に構造用合板12mm、の上に赤松無垢30mmフローリングの施工になりますので、子供さんが飛んだり跳ねたりしてもビクともしません。(床の厚みは42mmになります)
 新しい断熱材はフローリング面にピッタリクッツイテいるので断熱効果は抜群です。断熱効果は世界最高レベルの0.020w/(m・k)で、他の断熱材に比べて径年劣化は極めて少なく、素材は熱に強く、燃えにくいフェノール樹脂で環境にやさしいノンフロン発砲の断熱材です。
 グリーン購入法の適合商品にもなっています。湿気で縮むグラスウールとはゼンゼン違います。
 家造りは見えなくなる所が大切です。