御前崎市白羽 築60年古民家再生 リセット住宅 基礎工事

IMG_1038
一年経つのは早いもので12月に入りました。前回ブログを書いてから、もう一ヶ月の月日が流れました。ビックリです。 写真はあるホテルのエントランスの様子です。さて、どこでしょう! 姪の結婚式で初めて入ってから、時々、お茶を飲みに寄ります。
IMG_1037
ロビーに入ると正面に駿河湾の上に富士山が見えて、清水の街並みが一望できます。 建て直す前のホテルより5度向きを変えたと聞いています。 富士山が中心にくるのではなく、少し左側によっているところが、とてもバランスがいいです。さらに、毎日景色が変わるので、面白い。一日も同じ風景ではありません。 今日は、富士の山頂に円形の雲がかかっていました。
IMG_0253
築60年ともなると、基礎の立ち上げが低く、セメントの質も良くなく、海の砂を使っていて、砂利のほうが割合が多いので、ハツリ機で解体すると簡単に砕けてしまいます。
外周の貼りに補強材をかって、両サイドからジャッキアップをして、柱を基礎を立ち上げる分だけ既存柱をカットします。この作業を東面、南面を一緒にやっていきます。
ベースコンクリートを打つ為、鋤き土をしていきます。
IMG_0373
準備ができたら、ベースコンクリートを打ちます。 外周の梁と柱を固定、中吊り状態にしておくには技術が入ります。ベースコンクリートが終わると、その上にカタワクの墨を打っていきます。
IMG_05031
そして、湿気が上がらないように防水シートを敷いて、配筋していき、型枠で基礎の厚みを調整して組んで行きます。  鉄板の型枠なのでばらしてから綺麗な仕上がりになります。