掛川市大坂 築38年 天然木リセット住宅 解体工事

1-27
築38年のリセット住宅の始まりです。 和室8畳、6畳の部屋を残して、後はスケルトン状態にして間取りの変更をして、快適な暮らしができるようにリフォームします。
IMG_0209
もちろん、断熱、遮熱工事もし、高性能な住いに変わります。 真ん中に見えるはしごのようなところは、貫きと言って、柱と柱を繋いでいるところがありますが、結構これが耐震性を高めるので、残しておきました。 屋根も葺き替えをするのですが、既存和室2室があるのでもう少し後で撤去することにしました。
IMG_6282
解体工事が終了して、浴室の既存の配管の写真です。築38年ころの住宅は、鉄管を使っているところがほとんどです。 水栓のノブを開いても水が細~くなったりするのは、鉄管の中が錆が膨らんで、水道が細くなっての原因がほとんどです。 何年か前に、この鉄管は途中切断してあり、新しく給水工事がやってありました。
IMG_6297
和室入り口のフローリングを切った断面です。
築38年にもなると、合板のフローリングはバサバサになってノリも効いていません。
合板(ベニア)はだいたい平均25年ほどで接着力が弱くなります。
フローリングの下にある角材が、無垢材の根太になります。38年経っても切り口は綺麗です。建てた時の色艶と変わりません。風通しが良く、乾燥した状態であれば無垢材は安心です。
今回のリフォームでは、樹齢300年の赤松無垢材30mmをふんだんに施工します。
本物に勝るものはありません。丈夫で長持ち!