新築か?リフォームか?

持ち家にお住まいの方から一番多く聞かれるのが、「建て替えるかリフォームにするか、迷っている」ということです。
ハッキリとした答えを出すには、まずそれぞれの長所と短所を知ることです。
それは、考え方を「リセット」する第一歩でもあります。

でもその前に新築とリフォームについて、知っておかなければならないことがあります。


建て替えとリフォーム、それぞれタイプがあります

新築にも2種類あります。【自由設計】【規格住宅】です。

【自由設計】・・・注文住宅とも言われますね。間取りも部材も自由に選べるタイプです。

メリット
・地盤改良ができる
・白紙から始めるので自由な設計が可能。具体的な「夢のマイホーム」を実現したい方におすすめ
デメリット
・とにかく時間がかかる(施主と設計側とで理解を深める必要がある)
・コストが上がる場合がほとんど
・規格と違いモデルハウスが無いので、イメージがつかみにくい


【規格住宅】・・・カタログから自分に合った住まいを選ぶ「規格住宅」タイプ。

メリット
・地盤改良ができる
・コストダウンしやすい
・カタログやモデルハウスなどがあるので完成をイメージしやすい
・届いた材料を組み立てるので工期が短い
デメリット
・とにかく「プランの中から選ぶ」ので設計や使用部材に関しても自由度が低い
・細かい要望が反映されにくい


リフォームも規模によっていろいろある

家を完全に壊して建て替える新築に対して、既存の家を活かしたリフォームという選択肢もあります。
必要な部分だけ直していけるのが特徴です。キッチンの入替え等を行う程度の「部分的リフォーム」から、
全面的に改築を行う「大規模リフォーム」まであり、そのやり方や範囲はさまざまです。

メリット
・間取りを同じにすれば、今までと違和感無く暮らせる
・柱など思い出のある場所はそのまま取っておける
・コストの調整がしやすい
・今の住宅をベースに変えるのでイメージしやすい
デメリット
・地盤改良はできない
・構造上の制限がある
・解体後、構造の傷みが進んでいるとなると追加工事となる場合もある


新築とリフォームのメリット・デメリット

今の住まいが、こんな問題を抱えているとしたら...

・暖房をつけていても寒い

・家が古くて地震がきたら不安

・昔の間取りが使いづらい

・部屋が足りない

・キッチンやお風呂が古くて汚い



新築にはメリットもあればデメリットもあります。リフォームも同じです。
「家づくりにはどんな選択肢があり、どんな長所短所があるのか」
お施主様自身がまず知っておくのが大切です。


当社では家づくり勉強会も行っております
知ってるだけで得する知識満載でお話します
お気軽にお問合せください。

詳しくはこちらから
http://www.reform-yukitoshi.co.jp/kengakukai/showroom/seminar.html