家づくり「十分講座」外はこげても、中はレア

外はこげても、中はレア


「木は火災時に、芯が燃えるまで時間がかかる」


表面にできる炭の層が酸素の供給を絶ち、内部をガードします。

十分講座


火災時の温度は700~950℃。

強そうに見える鉄も550℃を超えると強度が50%以下に低下。

一気に倒壊する危険があります。

※火災時

●鉄は5分後に強度が最初の約50%、10分後には約20%以下。

●木は10分後も約80%の強度を保ち、20分後にやっと約50%。


集成材は剥離する

集成材は接着剤から燃え出して真っ黒な有毒ガスを出します。無垢材は出しません。

集成材、燃焼時のダイオキシン発生
http://www.reform-yukitoshi.co.jp/column/sickhouse/honmono-nisemono.html