木育広場スタッフまりえのマリマリ日記

1/21(月)おひるねアート撮影会がありました。

テーマ・節分
   ・ひなまつり

鬼のあかちゃんとお雛様に変身

今回も可愛かったです♡♡♡
まりIMG_E3038-columns2

まりIMG_E3054-columns2

まりIMG_E3064-columns2

まり

まり

1/11(金)親子体操教室がありました。

大人にとっても運動を取り入れることで体力作りができる
という効果があるようです。育児中はかなり忙しいのに、
体全体を使って運動をする機会は意外に無いように感じます。
子どもと一緒に体操をすることで、大人も健康に役立ちますね。

子育てストレスの低下や抑うつ度の低下、睡眠の質の向上といった
精神面での健康度もアップするようです。親子ですることで
コミュニケーションを図るという意味もあるようです。

先生も教え方が慣れてるので楽しい雰囲気にしてくれて、
初めての方でも参加しやすい教室だと思いました♪

★次回 1/21(月)10:00~12:30 ★



まり

12/17(月)親子体操教室がありました。
今回は初めて参加された方たちでした。
楽しく活動されました♫






まり
ボールプール♪
まり
わーお!
まり
ママの知恵のお話しタイム♪
12/10(月)己書講座がありました。

みなさん思いのままに筆を走らせて
文字を絵のように楽しみながら描いていました。
世界に1つだけの素敵な作品ができました♫



まりIMG_2782-columns2

まりIMG_2778-columns2

12/10(月)飾り巻き寿司教室がありました。
今回のテーマは「クリスマス」でした。
サンタクロースとキャンドルを作りました。

クリスマスの食卓がパッと華やかになりますね
食べるのがもったいないほど、とっても可愛いです♡

和気あいあいと楽しそうに作られていました♪
まりIMG_2774-columns2
まりIMG_2781-columns2

12/7(火)第1回目のハーバリウム会がありました。

最近流行りの「ハーバリウム」

ハーバリウムとは、植物標本のことのようです。

植物を乾燥させて、ビンの中に入れてオイルにつけて保存する=オシャレな花の観賞の仕方

自分好みの植物を選んで素敵なハーバリウムを作りました♫


まりIMG_2739-columns2

まりIMG_2740-columns2
まり2476

まりIMG_2756-columns2

まりIMG_2754-columns2

狐色キツネいろ
狐色の由来
日本の伝統色のなかで珍しく、動物の名前がついています。
「こんがり狐色に焼けたトースト」など、美味しそうな
イメージを伝える形容に使われる場合が多いのも特徴です。

狐色のモノ
ファーのえりまき
防寒とファッション性を兼ね備えたアイテムとして、
古くからヨーロッパで珍重されてきました。
日本に本格的な毛皮専門店が誕生日したのは
明治(1868)年のことです。



まりmari
北海道で見つけたキツネ
まりmari (2)
北海道で見つけたヤギ
厳しい寒さに閉じ込められた色たちは、
宝石のように凛とした輝きを秘め佇んでいます。
1年が終わり、そしてはじまる冬。古くから
私たち日本人は、この季節の色を大切にしてきました。


雪化粧
しんしんと降り積もる真っ白な雪を白粉(おしろい)にして、
世界が静かに、美しく変貌する冬。誰も歩いていない道に
足跡をつける瞬間の高揚感、思わずつくってしまう雪だるまや
雪うさぎ。雪の白は風景だけではなく、私たちの心までも
リセットし子供の頃に戻してくるかのようです。


まりmari (3)

まりmari (4)

11/20(火)めぐみ在宅クリニックの第135回地域緩和ケア
研究会に参加させていただきました。

テーマは「いのちの授業プロジェクト」でした。

先生は、いのちの授業の一番の目的は、自殺予防と
いじめ対策とお話しされています。

なぜ、大切ないのちを傷つけるのでしょうか?
なぜ、大切な他の誰かを傷つけるのでしょうか?
なぜ、人が人を傷つけるのでしょうか?

「いのちの大切さを知らないからではない」と先生は話していました。

では、なぜ傷つけるのでしょうか?



それは苦しいから・・・。尊厳が奪われるから苦しい。

「苦しくて、誰かを傷つけづにいられなかった。」


苦しみがありながら、人は穏やかになれるでしょうか?

人は、ただ苦しむのではなく、苦しみがありながら大切な支えに気づく。
病気になったからこそ気づいた大切な支え。
絶望感→自分の大切な支えに気づく→私は幸せ
と感じることができるとお話ししていました。

苦しみとは・・・「希望と現実の開き」
希望と現実の差が大きければ大きいほど、苦しみが大きくなる。


また、病気だから辛い。健康だから苦しくないと思わない。レッテルを貼らない。

辛い出来事を認めることで、将来の夢が生まれるとお話ししていました。
たとえ今が辛くても、将来の夢があるとき、生きようとする力が与えられる。
将来の夢は、亡くなった後も続くとお話していました。


自分の自由を認める→相手の自由を認めることができる
相互に認め合うことが大切とお話しされていました。
自分がされて嫌なことはしない。

自尊感情・自己肯定感
自分を大切な1人の人間と思える。
役に立たない、何もできない私であっても私は
ただの私だけでも尊い存在。

たとえ何にもできない自分でも「これでよい」と認める。
開き直った自分が自分に「これでよい」と言う言葉でない。
自分の存在を認めてくれる誰かからの「これでよい」という言葉。
と先生はお話しされていました。

困難なことがありながらも、なお折れない心(レジリエンス)
のお話ししていました。折れない心は、自分の存在を認めてくれる
つながり、応援してくれる人の存在が支えになる。

すべての問題を解決するちからではなく、困難でも逃げないで
歩き続ける確かなちから、関わり続けるちからが大切とお話しされていました。

苦しむ人へ関わるすべての人が「私にできることがある」
と思えることが大切ともお話しされています。


先生のお話しの後、5・6人のグループに分かれて、
医療・介護以外の人達にホスピスマインドを伝えるためには、
どんな方法が考えられるかグループで話し合いをしました。


2025年、団塊世代の方々が後期高齢を迎えることになります。
先生は、あと7年くらいすると受けられる医療・介護の限界がくるので、
多くの苦しむ人が困る時が来る。子供から大人まで地域で出来ること
を行えるようにしなければならない。そのために、いのちの授業を小学校、
中学校を中心に伝えていかなければならないとお話しされていました。

もし、目の前で苦しんでいる人がいたら、今、私に何ができるか、
考えながら生活していきたいです。

私が相手を理解しようとすることは大切。けれど、人は所詮他人なので
相手の苦しみを100%理解することはできない。でも、相手から見て
理解者になれるという可能性は残されている。
苦しんでいる人からみて、わかってくれる人。→聴いてくれる私。
「苦しんでいるひとは、自分の苦しみをわかってくれる人がいると嬉しい。」


めぐみ在宅クリニックのカーテンのところに画用紙で作った紅葉の葉っぱが
飾ってありましたとても綺麗で心が温かくなりました。
先生たちから患者さん達への素敵な心遣いだと感じました。
また、日常の中にある小さな幸せに気づかせてくれた時間でもありました。

先生のお話しは、とても分かりやすくて面白いです。
医療者・介護者だけではなく、子供から大人まですべての人たちが
生涯、学び続けることのように感じます。

また、誰かの支えになろうとする私こそ、実は、一番、支えを必要としている、と感じました。


次回は12/18(火)時間:18:30~ 会場:めぐみ在宅クリニック









IMG_まり2645-columns2

先日、はちみつ専門店 長坂養蜂場へ行きました。

三ケ日に着くと、両手で大きなみかんを抱えている

ご当地キャラクターの三ケ日みかんのミカちゃんがいました。


みかんの直売所やみかんの無人販売所がたくさんありました。

無人販売所のみかんは、1袋にたくさん入っていて100円と

激安で驚きました。





edf4a5c0e439810c9f61ca5bb4a46e64



15dcdd6a663def352d0ab5c5b6ba0a57
蜂蜜のタンク
・左右にある大きなタンク「二代目はちみつ  

・小さいタンクの左側「三ケ日の里山蜂蜜」

・小さいタンクの右側「シチリア産オレンジ蜂蜜」
de4ce1808eb260168b12db5790b5c52d
蜂の巣箱がありました。
蜂がぶんぶん元気に飛んでいました。

まりIMG_E2598
はちみつソフトクリーム

クリームに蜂蜜を使用しているようです。
蜂蜜のアイスクリームに追いはちみつが
かけてありました。


試食コーナーがあり、いろんな種類の蜂蜜を食べ比べしました。

人気No.1の二代目のはちみつや、ほんのり花の香りする三ケ日の里山の蜂蜜、

オレンジ風味のシチリアオレンジや、ぼだいじゅ蜂蜜、あかしあ蜂蜜、

アロエの蜂蜜、そばの蜂蜜など試食ができました。

ローズのはちみつなども販売されていました。

はちみつが好きな方は是非一度行ってみてください♫