木育広場スタッフまりえのマリマリ日記

設備が専門でも、外壁専門でもリフォームと呼ばれているが、

部分的ではなく、住まいをトータルで見ることができる会社選びが重要。

暖房機の入れ替えの前に断熱工事の必要性が無いのかをまず検討しなくてはならない。

設備機器(床暖房、暖房機)を販売したいがために、そういった工事を後回しにして

その後に断熱工事をするという業者も少なくない。

せっかく新しい設備が無駄にならないように注意したい。

床暖房入れて、暖房設備も新しくなりました・・・ところが常に温度設定を高くしないと

部屋が寒い、しかたなく、石油ストーブを1台追加。断熱対策を全くしていなかったため、

最新の暖房設備も全く無駄。

高温多湿な日本なのに大手ハウスメーカーは綿状断熱材(グラスール)を使い続けています。

綿状断熱材は湿気に弱く、水分を含むと縮んでしまうため、すき間が開き断熱材としての

効果を果たせなくなるケースがほとんどです。そこにすき間風が入り込み、内部結露をお越し、

構造躯体を腐らせるのです。


弊社では壁に硬質吹付けウレタンフォームを採用。吹き付けてすぐに発泡し、細かい隙間に

充填するため熱を逃さず、壁内結露も防ぎます。水や湿気で収縮することもありません。

断熱力は綿状断熱の2.4倍とされています。

大空間でも天井と床の温度差ゼロ。エアコン1台で夏は涼しく冬暖かい驚きの省エネ機能。

無垢材のもつ優れた抗菌作用・調湿作用により、加湿器・除湿器に頼らない呼吸する住まいです。
御前崎市/新築断熱材は吹きつけウレタン
硬質吹付けウレタンフォーム

吹き付けてすぐに発泡し、細かい隙間に
充填するため熱を逃さず、壁内結露も防ぎます。
水や湿気で収縮することもありません。
断熱力は綿状断熱の2.4倍とされています。
壁断熱材

断熱材の劣化
大手ハウスメーカーは綿状断熱材(グラスール)

綿状断熱材は湿気に弱く、水分を含むと縮んでしまうため、すき間が開き断熱材としての効果を果たせなくなるケースがほとんどです。そこにすき間風が入り込み、内部結露をお越し、構造躯体を腐らせるのです。
解体後に壁内部のカビ発見
悩み
御手洗い(みたらい)さんは老朽化したトイレやお風呂のリフォームを決意。
どちらも下地の木が腐っていたので、全てきれいに直すことに。家族のみんなも新しいお風呂とトイレに大満足。
それから、5年後・・・、お風呂とトイレをまたリフォームするこに!?また、床下が腐っていた。なぜ??実は、地面からの湿気に対して全く処置していなかった。前回のリフォームの時に原因究明をしていたら、こんなことにならなかったのに・・・。

アドバイス
表面だけきれいに見えても下地がしっかりしているかを確認しないと同じ工事を短期間で何度もやり直さなければならない。工務店が早く仕事を収めるために先のことを考えないで作業を行った結果、再び気が腐ってしまった。
焦らず不具合の原因を解明し、せっかく行ったリフォームも意味のないものにならないように気をつけたい。
つくりっぱなしではなく、あらゆるアフターケアが可能かどうか判断基準にしましょう。
しっかりした会社はアフターも万全で永いつきあいができます。

















































































































































































































「十分講座」
家づくりにあたり、既成概念にとらわれていることが多々あります。

寝室・子供部屋は2階、洗濯機や洗面台の置き場はお風呂の隣など、

それが当たり前のようにプランニングしている設計者がほとんど。

「木のひらや」はそうした住まいの常識や既成概念を覆し、

本当に必要な場所・空間にそれぞれ配置。

これからの暮らし方に求められる本当のプランニングを考え方から見直し、

カタチにしました。
木のひらや
夫婦で暮らす期間は50年、60年、70年と続きますが、

子どもが自分の部屋で過ごす時間は10年もありません。

平屋の需要は終のすみかに留まらず、いまや一人住まいの

スローライフやご夫婦+お子様の3~4人住まいにも、

むしろ平屋が最適である可能性が大いにあるのです。
blog1
尾木ママも共感の住育空間!
子どもたちの健康と豊かな感性を育む「夢の大空間」
光と風、澄んだ空気に満ちた究極の自然共存型住宅「木のひらや」

小屋裏空間を快適にするには屋根が重要です。
対策が不十分な小屋裏空間は夏は暑すぎて、冬は寒すぎて、
せいぜい収納にしか使えません。

【木のひらや】の屋根は断熱・遮熱・通気が一体となった
高い省エネルギー性能の屋根パネルを採用しています。

そのため、天井付近(屋根付近)と床付近の温度差が少なく、
大空間でも快適にお過ごしいただけます。

高い性能によりヒートショックなどの健康被害を抑えると共に、
冷暖房費用を抑えることもできます。


6941202afbc51269f3a427c63615b65f
木のひらや
「木のひらや」の中身はロフト仕様の2階建て。

屋根裏空間をなくした勾配天井で、大空間の

明るい吹き抜けと、小屋裏ロフトスペースを確保。


通常のロフトスペースといえばハシゴですが、

「木のひらや」では小屋裏部屋として使いやすく階段で上がります。
blog141
blog173