家づくり「十分講座」活かすも殺すも職人次第

活かすも殺すも職人次第

「木と語り合う職人がいる」

腕の経つ職人には木も信頼を寄せてくるのだろうか。

「ここに使ってほしい」と木が話しかけてくるといいます。

十分講座

【「木遣い」こそ、職人技】

「木遣い」によっては千年先まで建築物は残ります。

それゆえに“本物の職人”ほど存分に腕が振るえる木を自分の目で確かめ、

「本物の木を使って仕事がしたい」といいます。


●「木遣い」の賜物・法隆寺

法隆寺は、当時の大工職人によって細やかな「木遣い」が施された結果、

約千四百年の歴史を経て今もなお立ち続けています。

昭和の大改修時に加えた木材は40%程度、残りの60%は創建当時のままだそうです。

創建当時の古い木にかんなをかけたら、木の香りが立ち上がったそうです。


●本物の職人ってどんな人?

○ものづくりに誇りを持ち情熱のすべてをかける。愚直であるが意志は固く強い。

○経済効率より自分の持つ技術や技量を優先させ、常に一級品を作り続ける。

○経験の中で蓄積された知恵や工夫を活かし、納得できるまで決して妥協しない。

○一級品・一流品、(すなわち本物)がわかる眼や心(心眼)を持っている。


高品質な家づくり