森と木の家の落とし穴ー落とし穴… 落ちるか否かは、 お客様次第!

落とし穴… 落ちるか否かは、 お客様次第!

さて、これまで様々な事を記してきましたが、私達「森と自然の会」が一番伝えたいことは、
「国が認めているから安心安全とは言えない」という事。

アスベストやホルムアルデヒドが最たる例。

「使ってはいけない」との法律は出来ましたが、依然は許していたのですから国の対応は常に後回り。

今日は安全とされていても、明日は有害物質だったと発覚することもあるのです!?

私達も、施工後に「建材が有害だと判明した」お客様を何十組も見ています。

本物の材料や工法を知ると、ご自宅と比較してがっくりと肩を落とされます。

その事実を皆様にお伝えしたいのです!

「十分講座」

集成材
(レソルシノール系接着剤)
●数年前までホルムアルデヒドが含まれ、有害な材料でした。
●強度は特別優れていない。

集成材
(イソシアネート系接着剤)
●剥離事故が2度も起きている。
●しかも剥離した材料はJAS規格認定品。
●集成材の製造会社すら「剥離は少なからず起こる」と業界紙『日経ホームビルダー(02年11月号)』で断言。

人工乾燥材
(KD材)
●「屋外平衡含水率」の材料が当たり前のように屋内にも使用されている。
●JASもそれを認めている。
●現代の木材流通は、お施主様にとっては不利な面がある。


決断はじっくりと、
慎重に!

では、結局どうしたらよいのでしょう?

健康を害することなく、環境にも優しく、長持ちして、災害にも不安のない価値のある家…

このように満足のいく家づくりのためには、冒頭で描いたように宣伝や今風なデザインなどに惑わせ

られないで「見極める眼力」を育んでください。

「材料」を選んでください。

そして、それを面倒くさがらないでください。

何といってもお客様自身が一生暮らす、大切な家です。

車のように、そう簡単に変えられるものではないのですから…。
 







KD材
(けーでぃざい)

人口乾燥材




グリン材
(ぐりんざい)

未乾燥材



AD材
(えーでぃざい)

天然乾燥材



ホルムアルデヒド
(ほるむあるでひど)

建材や家具の接着剤からでる人体に悪影響を与える成分。

大きく分けてイソシアネート系接着剤とレゾルシノール系接着剤がある。