牧之原市/郷の家301s+増築

牧之原市/郷の家LDK
【牧之原市】新築 郷の家301s+増築

規格の301Sに1F廊下・和室・寝室を増築したオリジナルプラン。
規格住宅をベースにしているため、耐震性や暮らしやすさはお墨付き!

いままでのお宅は天井が低く、窓ガラスは色つきのもので室内がとても暗くなっていましたが
郷の家は1F天井高2700mm!耐震性に優れているため窓も大きく設定しています。

基礎&土台

牧之原市/新築郷の家301s+増築
Before
牧之原市/新築郷の家301s+増築
解体
牧之原市/郷の家 基礎コンクリート
基礎コンクリート打ち
家の土台となる基礎が狂っていると、家が建ちません。職人さんの腕に掛かっています。内部の気泡を無くし、表面も整えていきます。
牧之原市/郷の家301S+増築の土台
基礎の上に土台を回していきます。
防虫効果のある香り成分ヒノキチオールを含んだヒバ材です。
牧之原市/郷の家301S+増築の土台
プレカットされたものが届くので、組んでいくだけで仕口もぴったりと合います。正確で工期も短縮になります。

3日間の上棟

牧之原市 郷の家
郷の家は構造に集成材不使用!
家は家族の命と健康を守る場所。
特にアレルギーでお悩みの方には体にやさしい無垢材をおすすめしています。
牧之原市 郷の家
国交省認定耐震パネル
柱と柱の間に耐震パネルをはめ込み壁を作ります。震度6強にも耐えた実績のある軸組みパネル工法。(国土交通省認定FRM-0050.0051)
牧之原市 郷の家
基本仕様の耐震性能
耐震補強はオプションという会社も多いですが、”郷の家”は基本仕様でこの頑丈さ!パネルが柱と密着することで、揺れを面で支えます。
牧之原市 郷の家

屋根パネル

2階は屋根勾配の斜天井、さらに小屋裏まであるので一般的な工法では夏場は屋根からの熱で室内が暑くなりとても居られない状態になりますが、
この屋根パネルは、太陽光の赤外線を約96%跳ね返す遮熱シートを空気層で挟み、外気温をシャットアウト。
室内の空調は66mmの断熱材で逃がしません。

あらかじめ断熱材と遮熱シートがセットされた状態で届くので、性能の高い住まいを3日間で上棟できました!

30mmの厚み!天然無垢フローリング

牧之原市/郷の家の赤松無垢床
木の香りたっぷり!無垢床板
しっかりと乾燥され、反りやねじれの心配のない天然無垢材です。木が本来持つ空気層により断熱効果が高く、真冬でも温かみのある足ざわりです。
真夏はその空気層による調湿作用でベタベタせず、ホコリやダニ、カビの発生を抑える健康素材です。
牧之原市/郷の家の赤松無垢床
敷き詰めた断熱材+無垢の床
床下一面に敷き詰めた断熱材の上に直接貼ることで、上に乗るとご自身の足裏の温かみが床から返ってきます。
一年中スリッパ要らずで過ごせます。
床下の外気にも影響されないので本当に暖かくて安らぐ床材です。


吹付硬質ウレタン断熱

牧之原市/郷の家 吹付硬質ウレタン断熱
隙間を作らせない断熱材
壁の断熱施工として、吹付硬質ウレタンの断熱材を施工しました。
吹き付けると数秒で膨らみながら隙間を埋め、60mmの厚みで家全体を包み込みます。
牧之原市/郷の家 吹付硬質ウレタン断熱
高断熱で吸湿しない高性能断熱材
真冬だとこのウレタンの前後で現場の温度がガラッと変わるほど、断熱効果の高いものです。
これから真夏に完成・引渡し後には、エアコンの効きが良くてビックリされると思います!


牧之原市/郷の家 吹付硬質ウレタン断熱
壁の耐震パネルの中にウレタンがしっかり詰まっています。

遮熱防水シートと通気工法

牧之原市/郷の家 通気工法+遮熱断熱シート
大事な家を耐久性能で守る
吹きつけたウレタンの上には
通気層を取って遮熱防水シートを施工します。
この通気層が耐久性の大事なポイント!
基礎から屋根まで湿気が流れるようになっていて、
湿気による柱や壁の劣化を防ぎます。

吹付ウレタンは吸湿しないので、
壁の中でジメジメしてカビの温床になるという心配もありません。


外壁サイディング施工

ニチハ Fu-ge ソラニティ
サイディング施工
壁のウレタン断熱の上に防水シートを貼り、一番外側になる外壁を施工しています。構造の状態でもどっしりとしたスタイルのお宅でしたが、レンガ調のサイディングによりさらに重厚感ある印象になっています。
ニチハ Fu-ge ソラニティ
ニチハ Fuge(フュージェ)
仕上がりの美しさとメンテナンスコストの大幅削減を実現した新世代の外装材です。
表面に超高耐候塗料「プラチナコート」採用で、なんと2回分の塗り替えが不要です。


ニチハ Fu-ge ソラニティ

無垢材での仕上げ

牧之原市/新築 郷の家
腰壁
玄関ホールと廊下には赤松の腰壁がつきます。クロスが汚れやすい部分は腰壁を回してカバーするのもおすすめです。腰壁があると全面クロスより全体の重心が下がって安定感のある印象になります。
牧之原市/郷の家施工中
寝室ヘッドボード
寝室のベッドを置く位置には、桜の模様の入った桐の板を貼りました。こちらもクロスの汚れ防止を兼ねています。さらに、同じ桜の板を天井の際にぐるりと回してアクセントにしています。
牧之原市/郷の家施工中
収納内部は桐仕上げ
写真はキッチン後ろの食品庫(2帖)です。これだけの広さがあればいいですね!壁・天井・棚は全て桐材で仕上げます。桐は湿気を感じるとヒノキチオールという殺菌成分を放出し、カビや虫から荷物を守ります。



郷の家 珪藻土クロス
珪藻土クロス
壁紙は全て珪藻土クロスです。表面に珪藻土を吹きつけた壁紙で、湿度調整や消臭効果があり、優しいクリーム色が無垢材に良く合います。
牧之原市/郷の家施工中
真っ白い壁紙よりもまぶしくないので、無意識のストレスを軽減してくれます。
牧之原市/郷の家施工中
寝室は桐の床に、桐のクローゼット!
桐の床は畳のような柔らかさがあり、足裏からホッとリラックスできるような素材です。ぜひ見学会でお確かめください。


完成

牧之原市/郷の家
玄関
玄関ホールの上には明り取りの天窓を設置。開放感のある明るい印象になります。
牧之原市/郷の家
和室
床の間、仏間、収納をつけました。
地窓を開ければ、真夏でも涼しい風が入ります。
牧之原市/郷の家
和紙畳
縁のない琉球畳で、市松模様の目がおしゃれな雰囲気です。
牧之原市/郷の家
LDK
家具も含めたトータルコーディネートにより、住まいの魅力がより一層高まります。
牧之原市/郷の家
LDK
採光、風通しのよさは快適な住環境の基本です。
牧之原市/郷の家
キッチン
無垢の床に合う、ウッドワンのスイージーです。キッチンスペースを広く取ったので2,3人が同時に動いても苦になりません。

牧之原市/郷の家
寝室
安眠を誘う桐の部屋になっています。
床、ヘッドボード、収納内部は総桐仕上げ。ニオイの籠もりやすい寝室に最適な素材です。
牧之原市/郷の家
トイレ
トイレの床は足ざわりの良いタモ材です。職人が一枚一枚削って模様をつけています。
牧之原市/郷の家
脱衣洗面室
こちらも床にタモ材を使用。

牧之原市/郷の家
システムバス
TOTOサザナです。
今までのタイルの浴室でしたので、暖かさに癒されますね。
牧之原市/郷の家
収納庫
キッチン後ろには1坪の収納庫をご用意。桐仕上げでお米など食品も安心して備蓄できます。

牧之原市/郷の家
2F洋室
斜天井が印象的な空間です。
柱や梁、板張りの天井など、木目に癒されます。
牧之原市/郷の家
2F洋室
1Fの天井が2650mmと高いため、2Fも周りの家より高さがあります。窓からの景色も開放感があります。
牧之原市/郷の家
2F~ロフトへの階段
間仕切壁を造らず、吹き抜けにしているのでロフトのエアコンが2Fホールや各部屋、さらに1Fまで流れます。

牧之原市/郷の家
ロフト
屋根の真下でも暑くならず、部屋として機能できる秘密は、徹底した遮熱断熱施工にあります。窓からは駿河湾や富士山も見れる寛ぎスペースです。
牧之原市/郷の家
クリエーションパネル
ロフト周りのアクセントに飾り壁を設置しました。桜のくり貫きと自然素材を挟み込んだパネルが目をひきます。


お客様の声


松下久美様より

地元で同級生、友人であり、以前、夢ハウスの見学会で…
新潟まで同行し、木材の乾燥技術をはじめ、
自然環境を活かした家づくりへの取り組み等、
そこに住む人の事を一番に考えた構造や工夫に驚かされ、
この見学会を通じて新築したい気持ちに成りました。

新築に際しユキトシ様との綿密な打ち合わせのもと、
9月2日に新たな家が完成を迎えることと成りましたが、
通気性や断熱性と言った環境への配慮はもとより木の香りが家中に広がり、
玄関に入るだけで他の構造との違いを実感しました。

建築にあたり、わがままな注文も致しましたが快く引き受けていただき大変感謝しております。

現在、仕事の都合で大分県の杵築市に単身赴任しておりますが
新たな家の完成を家族全員が喜んでおり、月一回の帰郷が楽しみに変わりました。

これからも、いい家づくりに邁進してくれることを心より期待しております。
今後とも末永いお付き合いを宜しくお願いします。