郷の家

郷の家

各プラン施工事例

自社施工例

施工動画集

標準仕様

コンセプト

安心の性能

本当の快適・・・それは「奥深いシンプル」の中にあります。

コンセプトイメージ
本当の快適
それは奥深いシンプルさ


家づくりの楽しみ、感動、心地よく住まうための性能


住まいのあらゆるところを道理的に見直すことで、高品質でありながら
コストを抑えた、しかも機能的な住まいが誕生しました。
日本の伝統技術も守り、受け継ぐ住まい、それが「郷の家」です。

ただし、住む人が本当に必要とするものは何も省きません。
家づくりの楽しみ、感動、心地よく住まうための性能。
建ててから輝き続ける普遍の価値にこだわりました。

三十年、五十年、百年。
時を重ねてなお魅力を放ち続ける住まいを目指します。
本当の快適・・・それは「奥深いシンプル」の中にあります。

 
高品質な家づくり
本当のプロが設計した高品質プラン

既成概念にとらわれない発想

住む人がプランニングをして家の形を成すことはできます。
そこには思いどおり、という満足感はあるでしょう。
しかし住み始めてみるとどこか不便で、そのとき後悔が生まれます。
プロの設計は違います。
使いやすいのはもちろん、住む人の生活スタイルから出発し、
既成概念にとらわれない発想で考えます。
光を取り入れ、風通しを考え、冷暖房の効率化を図り、
同時にさまざまなムダを省いて、コストダウンにも努めます。

「郷の家」は、ただ安いだけのローコスト住宅にはない、
本当のプロが設計した高品質プランの規格住宅です。
本当の住み心地…それは「プロフェッショナルの手」の中にあります。

 
十人十色の家づくり
住む人に合わせた家づくり

思い思いのニーズに応える


いわゆるローコスト住宅では、たとえ好みのプランを選択できたとしても、自分流に変更することはできません。住む人は、できあいの家に生活スタイルをあわせていくしかないのです。

しかし「郷の家」は違います。
プロが設計した基本プランのキャンバスに、住まい手独自の色をつけ加えたり、変化を加えたりできるのです。
間仕切りの追加、水回りの位置の変更、縁側の増築。
子どもたちの成長のために、家事をするお母さんのために、家族みんなの心のゆとりのために。

そんな思い思いのニーズに応えます。



十の家族があれば、十通りの住まい方があります。
「郷の家」は、いわゆる規格住宅の既成概念を覆し、お客様一人一人が求める住まいにカスタマイズしてお届けします。
本当の価値・・・それは「自分流の暮らし」の中にあります。


反りや狂いの心配のない天然木にこだわっています


弊社が自信をもっておすすめする天然木の規格住宅郷の家
今まで「無垢材は反る・狂う」と思われてきましたが、郷の家で使用する木材は違います。
本物の無垢材を安心してお使いいただくために木材乾燥機を開発し(特許第3315963号取得)
無垢材は反る・狂うという概念をくつがえしました。

オリジナル乾燥機で作られる木材「ドライキューピット」は5~10%の含水率を実現し、
収縮や変形の少ない高品質な構造材・内装材として使用できます。
乾燥無垢材ドライキューピット


表示は建材として出荷された際の含水率ですが、木材は建設後に室内平均含水率に近づこうとします。
出荷時に室内平均含水率まで乾燥させないと、収縮・変形・反りが起こります。


木材の含水率
「室内平均含水率」とは
大気中で湿度と平衡状態となる一般的に言われる「平衡完遂率(気乾含水率)に対し、冷暖房を使用する室内において木材が収縮・変形しない安定した平衡状態の含水率を室内平衡含水率といい、内装材は平均5%、構造材は平均10%程度です。(自社実験データによる)
オリジナル木材乾燥機ドライランバー
特許技術の木材乾燥機「ドライランバー」
天然木特有のねじれ、狂いを極限まで少なくする乾燥システムを自社で開発。バーナーを使って燃焼させた熱風をファンとダクトを使い循環させ、乾燥機内を100~120℃に保ちます。木材の表面と内部を一気に高温にすることで、木材の芯から水分を抜きます。
板材で約2日間、杉の構造材で5日間乾燥させます。
(特許第3315963号)


木の家に住むと健康になる理由

無垢の床材と集成材を比較
無垢材の空気層は断熱材の役目
冬の朝の廊下を想定し、床の冷たさの実験を行いました。
新建材のフローリングと無垢床材を冷凍庫に入れておk、取り出したときの表面温度を測定。
無垢材の温度は8℃、新建材は-2℃、その差は10℃もあります。
空気層を含んだ無垢材は断熱材の役目を果たし、表面温度が下がりません。
対して新建材の方は空気層をつぶしてしまっているため、断熱効果もなく冷たいままです。
この冷たさが人から熱を奪ってしまいます。
しばらくすると、新建材のほうは結露が起こります。
これが長年続くことでカビ菌や木材腐朽菌が繁殖し
木材を腐らせ、人間の健康をも蝕んでいくのです。
「温度20℃以上、湿度70%以上」でカビ菌が発生・繁殖

新建材で作った部屋・・・空気層がなく、調湿効果もないのでカビ発生の状態になりやすい。

無垢材で作った部屋・・・無垢材は空気層を保っているので調湿効果があり、カビ発生の状態になりにくい。
桐抗菌実験:数年前
カビの繁殖がアトピー、喘息の原因にも
湿度の違いが菌を繁殖させることを照明する実験を行いました。「新建材の部屋」と「無垢材の部屋」を模した水槽に食パンを一切れずつ入れ、経過観察。
10日後・・・新建材の部屋だけ食パンにカビが発生。
湿度の高い部屋はカビ菌を繁殖させ、その死骸や糞が飛散し、吸入することで人体にアレルギー反応を起こすのです。無垢材が持つ調湿作用がカビ菌の繁殖を抑制し、アトピー、喘息を緩和させる効果があります。
写真は、実験後数年が経過したものです。桐の部屋はあそのカビ菌が繁殖する様子もありません。