掛川市/築38年 天然木リセット住宅

掛川市 築38年天然木リフォーム
掛川市/G 様邸

依頼内容

お施主様は定年を迎えられた60代のご夫婦です。
築38年、細かく区切られた昔ながらの間取りは、採光・風通し・収納の少なさなど不満が多く、
仕事も子育てもひと段落となった今の暮らしに合うようなゆったりとした住まいをご希望でした。


リフォームのポイント
和室二間はそのまま残してそれ以外の普段の居住スペースをリフォーム。
ご夫婦がこれから先もずっと安心して暮らせる間取りです。
間取り変更Before After
クリックして拡大


間取り変更
築38年、細かく区切られた昔ながらの間取りをゆったり暮らせるように間取り変更しました。
和室二間は残したいとのご希望でしたので、それ以外の部屋を一旦骨組みまで解体してから
新築同様に作りかえるリセット住宅でリノベーション!
脇屋へは今まで一旦外に出ていましたが、室内でそのまま行けるように廊下をつなげました。


ゆっくり過ごせるLDK
仕事も子育てもひと段落、これからは夫婦でゆったり安心して暮らせることがリフォームの目的です。
北側に3帖分だけ増築し、キッチンを壁向きにすることで16帖のLDKを一番広く使える間取りになりました。
今までは食堂に陽が入らず、日中でも電気が必須でしたが、
これからは明るい日差しの中でお料理を楽しんでいただけます。

水廻りを一箇所にまとめる
トイレの位置を変えて、寝室からもLDKからも和室からも行きやすい場所に配置しました。
トイレも浴室も冷たいタイルから最新の暖かく快適な設備になりとても快適にお使いいただけます。


天然木の心地良い空間
以前は暗く湿気も多いお住まいでしたので、
心が安らぐような天然木と自然素材での住まいづくりをさせていただきました。


工事の様子

掛川市/築38年リノベーションBefore
解体前
開いた窓から、室内の暗さが見れます。
家の周りの風通しが良くないと湿気が溜まりやすくなります。
掛川市/築38年リノベーションスケルトン解体
解体後
家の裏手にあった小屋も解体し、竹も少し切ってスッキリ!今までは家の北面がうっそうとしていましたが、これで明るくなりました。
掛川市/築38年リノベーションBefore
和室は残して他の部分はリセット住宅で生まれ変わります。
スケルトンに解体してから、住宅性能を高めて作り替えていきます。
掛川市/築38年リノベーションBefore
地震に強いパネル工法
Beforeのように壁の中を斜めに支える「筋交い工法」よりも2.5倍の耐震性のある「パネル工法」を施工。屋根も軽くなって、耐震面でも安心できる住まいです。
掛川市/築38年リノベーションBefore
《断熱》樹脂サッシ&ペアガラス
断熱効果の高いペアガラスなら冷暖房の効きが良くなり、結露予防もできます。枠の色は外側はなじみのある以前と同じ色にして、内側は明るいナチュラル色にしました。
掛川市/築38年リノベーションBefore
吹付硬質ウレタン断熱を施工
吹き付けると発泡しながら細かな隙間まで埋めていく、高断熱性能の断熱材です。
湿気を吸わないので断熱効果が下がったり壁の中でカビが生える心配がなく、安心して暮らせます。
掛川市/築38年リノベーションBefore
床の断熱材
根太間に隙間なく断熱材を敷き詰めました。施工ポイントは断熱材と合板をピタッとくっつけること!床暖房のように床が暖かくなります。
掛川市/築38年天然木リノベーション 赤松無垢床板
《無垢の床》赤松30mm厚
こちらのお宅は既存のカラーフロアが経年劣化で、床が抜けそうなほどボロボロでした。
新しく施工する無垢の床は接着剤など使っていない一枚板なので、年月を重ねるほど強度が増します。冬は暖かく、夏はサラッとして一年中快適に暮らせます。
掛川市/築38年天然木リノベーション 瓦葺き替え
瓦葺き替え
栄四郎《プラウドプレイン》
フルフラット平板瓦でスッキリ!
シンプルモダンな印象に仕上がります。

Before After ~完成~

掛川市 築38年天然木リフォーム
Before
玄関ホール
掛川市 築38年天然木リフォーム
After
間取り変更としてはホール奥の引戸の位置が前に出ただけなのですが、内装が違うとこんなにも明るくなります!


掛川市 築38年天然木リフォーム
After
今までは靴箱を置いていましたが、大容量収納を作りつけました。
式台からも戸が開けられて便利です。


掛川市 築38年天然木リフォーム
Before
玄関横にひと部屋ありましたが、空いていました。
掛川市 築38年天然木リフォーム
After
戸で仕切らず、オープンスペースとして応接間になりました。


掛川市 築38年天然木リフォーム

After
写真はシャッターが閉まっていますが、
日当たりがよく日中はポカポカのお部屋です。
6帖ですが、玄関と仕切りがないので広く感じます。
奥は脇屋へ接続しています。
掛川市 築38年天然木リフォーム
Before
ホール奥のこの位置からLDKに間取り変更します。
掛川市 築38年天然木リフォーム
After
トイレを移動し、北側に3帖分増築して16帖のLDKになりました。
窓が増え、陽射しもたっぷり入ります。


掛川市 築38年天然木リフォーム
Before
手狭な6帖の居間。収納がないと部屋の隅や壁際に荷物を積んでしまいます。
掛川市 築38年天然木リフォーム
After
居間と食堂を同じ空間にして広く過ごせるLDK。
キッチンを壁付けにしたので16帖を広く使えます。


掛川市 築38年天然木リフォーム
Before
居間の北面の壁です。湿気がこもり、壁一面にカビが生えていました。
掛川市 築38年天然木リフォーム
After
3帖分増築し、増えた部分にキッチンを設置。
リフォームの場合は、実際あまり使わなかったということで吊戸棚をやめる方が多いです。


掛川市 築38年天然木リフォーム
Before
築40年ほどのお宅によるある内装ですが、暗いですね。
埋め込みのタンスもよく見るタイプです。
掛川市 築38年天然木リフォーム
After
2帖分、部屋を広くして押入れをクローゼットに変更。
西面の窓は高い位置で外からの目線を避け、陽射しを取り込みます。


掛川市 築38年天然木リフォーム
After
寝室は床もクローゼットも桐仕様。
湿度調整に優れ、湿気を感じると殺菌成分のタンニンを放出する健康素材です。
桐の床は踏み心地が柔らかく、寝室にぴったりです。
クローゼットにももちろん最適!
大事な衣類をカビや虫から守ります。
IMG_0157
Before
家の中心で窓の無い洗面脱衣室とタイルの浴室。
掛川市 築38年天然木リフォーム
After
明るく気持ちの良い洗面脱衣室に生まれ変わりました。
水廻りはどうしても湿気が出るので、窓のある位置が安心です。


IMG_0133
Before
男子と女子に分かれていたトイレ。
掛川市 築38年天然木リフォーム
After
トイレも明るく暖かくなりました。