現場の様子ブログ

牧之原市で建築中の木のひらや


木のひらやは、一般在来工法よりも床3.7倍壁3.3倍屋根2.8倍と、頑強構造SDパネル工法を採用しています。

そのため大空間の設計が可能になり、空間体積は1.5倍!


こちらではそれをいかして大黒柱を設置いたしました。
最近ではこんなに立派な大黒柱はなかなかお目にかかることができません。


とてもすてきなお家になりそうです^^
image0-e1591591873997

 

 

 

 

牧之原市木のひらや吹付ウレタン断熱

吹付硬質ウレタン断熱

木のひらやは高い省エネ性能が魅力の一つ!

床は上棟前に床全面に断熱材を敷き詰めて、屋根は断熱+遮熱が一体化した屋根パネルが乗っています。

外壁はSDパネルの外側に間柱の分の空間があるので、そこに60mmの厚みでウレタンを吹き付けました。
写真が少し青いのは、風があると施工できないのでブルーシートで現場全体を包んでいるためです。

ウレタンは現場施工で、吹き付けると数秒で隙間を埋めながら膨らんで、
わずかな隙間も作らない高断熱施工が可能です!

断熱材の中でも低価格なグラスウールでは通気工法をしっかりしていないと壁の中で結露が起こり、
グラスウールが湿って縮み、断熱効果が無くなってカビの原因にもなります。

せっかく新築しても耐久性がなければ長く住むことができません。
吸湿しない断熱材を使い、しっかり壁の中で通気を確保して施工することが大切です。


牧之原市木のひらや吹付ウレタン断熱



牧之原市木のひらや吹付ウレタン断熱



丸型換気孔

丸型通気孔で湿気対策

当社は、基礎に丸型換気孔をつけています。
昔からある角型換気孔と比べて、通気が4倍、基礎パッキンと比べても1.5倍の通風があります。

基礎の中央付近に直径160mmのものを1200mmの間隔でつけてありますが、
なぜかというと、風は直線に通り抜けるからです。
基礎の上に付ける基礎パッキンの場合、入った風はその高さで直線に進むので地面の方は風が通りません。
丸型換気孔は基礎の中央付近から風が入るので、全体の通気がよくなります。

古い神社やお寺の建物の縁の下を覗いてみると向こうまで見通せますね。住宅のような基礎がありません
平らな石の上にに太い柱を立てて、地面から1mくらい上のところに床を作ってあります。
何百年も腐らずに残っている建物は、常に風が通るようになっていて、湿気が籠もらないようになっているんです。

木は、環境次第で腐ってしまう材料です。
湿度70%以上、温度20℃以上あると木を腐らせる「木材腐朽菌」が発生します。
その環境にさせないために、丸型換気孔を採用しています。


通気工法
基礎だけでなく、住宅の構造のまわりを4つに分けて
それぞれの通気を確保しています。

①床下換気
丸型換気孔を使って、従来工法より4倍の換気を可能にしています。

②壁内換気
土台水切りから外壁下地の「縦胴縁」の間を通って、「軒裏」へ通気します。

③軒裏換気
軒裏の「有孔版」などから空気を入れて、壁内通気と一緒に棟へ流れる通気

④棟換気
壁内・軒裏の空気を外部に出すための通気


牧之原市で建築中の木のひらや

今日みたいな強い暴風雨だと、家が揺れて怖い。。。という方もいらっしゃると思います。

木のひらやは、一般在来工法よりも床3.7倍壁3.3倍屋根2.8倍と、
揺れに強い頑強構造SDパネル工法を採用しています。

牧之原市新築木のひらや上棟

SDパネル工法

SDパネル工法は、構造用合板と間柱で作ったパネルを土台・柱・梁の間にはめこんで4面で支える工法です。
構造(フレーム)にパネルがぴったりと接していることで、がっちり内側から支えます。

さらに壁が連続する部分は、
パネルの枠(一寸)+柱(4寸)+パネルの枠(1寸)と、6寸の柱が入っている状態になります。

筋交い工法に比べて壁が3.3倍強いので、窓も大きく取れます。
窓が大きいと光がたくさん入って、風も気持ちよく通り抜けていきます。


牧之原市の「木のひらや」、浴室はTOTOのシンラです。
シンラの特徴は、標準搭載のリラックス機能「楽湯」。
肩はたっぷりのお湯がかかり、腰はジェットバス水流で腰周りをほぐします。
半身浴でも上半身が寒くならす、水流の刺激で全身しっかり暖まります。


シンラ肩湯なし
シンラ/肩湯なし(半身浴)
シンラ肩湯あり
楽湯を使用(肩楽湯+腰楽湯)
肩も腰もたっぷりの水流で同時に楽湯。
だから、体のすみずみまで温めて気持ちいい!
通常の全身浴はもちろん、上半身が冷えがちな半身浴でも肩楽湯と腰楽湯の同時使用で全身がしっかりと温まります!



最適な位置に設計された肩楽湯と腰楽湯。
ファーストクラス浴槽に適した配置で設計された肩楽湯と腰楽湯。
お風呂に入りながらリモコンで操作でき、お好みの使い方が可能です。
さらに、使用するお湯は循環する方式のため無駄なく経済的!


シンラ肩湯

肩湯水量

【肩楽湯】
幅広で第水流のお湯で温かバスタイム。
最大毎分約65Lのお湯を肩から浴びるため、肩周りが温まります。
気分や好みに合わせて流量を変えられ、広がるお湯に包まれます。
bbd7e5eb3d98229acf02b16e4f93651c
 
 
【腰楽湯】
適度な刺激のジェットバスで身も心もほどける気持ちよさ。
ランダムな曲線で円を描くよう噴出されるジェットバス水流が、腰を中心に広範囲に変化に富んだ刺激を与えます。


effcf103dd34e8a4721560a448f04a95
 
 
【ファーストクラス浴槽】
気持ちよさを支える秘密は「4点指示」設計。
人間工学の研究をもとに体を支える面を増やし、安定できる形を追及しました。
従来の浴槽より関節にかかる力を分散し、入る人をやさしく包み込み支えるため、体を安心して預けられます。