平常心是道 

十分な乾燥基準は「室内平衡含水率」

JAS では20%程度であれば、その後変形が少ないとされていますが、
これは室内平衡含水率といい、外気で落ち着いた状態でいられる
含水率であり冬場の暖房環境では、また変形を起こす恐れがあります。

そのためにも、20%でとどめるのではなく、室内平衡含水率という、
冬場の暖房環境に適合するレベルの15%以下の含水率まで
乾燥させることが、非常に重要になってきます。


間取りコラム

一般的には…

乾燥基準が厳しいとロス率も増えてしまい、製材工場の無い工場や価格優先の無垢材では、
しっかりとした(15%以下の)木材乾燥は不可欠です。

また生産性を追求する工事では、手間がかかりすぎるので厳しい基準でも、
20%程で乾燥を停めてしまいます。

中には、まだGR材やAD材をそのまま骨組に使用する例も…


      

15%を実現するには!!

130℃程まで温度を上げ、高温で乾燥することにより、内部乾燥まで
しっかりと熱を伝え、内部の水分までキッチリと抜くことが大切です。

乾燥を進めるには、ねじれ・狂い・収縮はどうしても起こります。

そのまま、ねじれや反った材料を加工し、使うわけにはいきません。

そのため、削る部分を予め加味して、大きく製材(オーバ-サイズ)
することも重要なポイントです。


不十分な乾燥木材を使うと、後々に様々な不具合が生じます。

その中で一番怖いのが、壁体内で起こる「内部結露」です。

木材の変形や収縮でできた隙間から、屋内の暖気と
屋外の冷気が壁の中で混ざり合うと結露が発生します。

その結露により、壁の中にカビや木材を腐らせる「腐朽菌」が繁殖し
写真のような現象に繋がってしまいます。

そのため、木材が後に変形を起こさないレベルまで
乾燥させた材料を使用する事が重要になります。

木の収縮による「隙間」は危険信号!

2c87938fbdeb7baa220ab185f4b8188c
隙間風によって、壁の中で結露が起きるとカビが発生し
「木材腐朽菌」が現れます。
     
 
             
間取りコラム
木材腐朽菌は骨組みを腐らせ住宅そのものを
倒壊の危険にさらします。


        ⇩
中越沖地震2
構造の弱った建物は地震などの災害時に
東海の危険度があります。





安全性の向上

木材は通常の使用環境では含水率が繊維飽和点(約30%)より低くなります。

含水率が繊維飽和点より低いと「含水率の増加・減少に応じて変形(膨張・収縮)します。」

そのため、あらかじめ人工乾燥を行い、使用環境に適した含水率としておくことが大切で
含水率変化による変形を最小限に抑えることができます。

強度性能の向上

木材は乾燥することにより強度性能も変化します。

乾燥材は強度の面から見ても未乾燥材に比べ有利で安全です。


耐腐朽性能の向上

木材を含水率の高いまま放置すると、カビが生えたり腐ったりします。
これを防ぐために、含水率を20%以下にすることが重要です。

たわみの軽減

木材に一定の力を長時間加えておくと、変形が進みます。
これを『クリープ変形』を小さくすることができます。

重量の軽減

未乾燥材の場合、樹種によっては含水率は100%を超えるような材もあります。
(100%とは重さの半分が木材重量で半分が水の重量)

これは乾燥することにより水分量が減り、木材の取り扱いも楽になると共に
木材の配送コストの大きな削減になります。

未乾燥材の場合、木材の体積ではなく、重量で積み込めない場合が出てきます。

接着性の向上

接着剤の接着性能は未乾燥材より乾燥材の方が大きく乾燥が弱いと、
接着面の機能性低下、接着後の変化が起こります。

ラミナの剥離は外的要因もありますが、こういった含水率も大きく影響します。




本来、床柱には荷重をかけず、構造柱として見ない方が綺麗とされています。
(材によっては、強度が保てないものも存在するため)

ですが、そういった判断は設計者にゆだねられており、明確な基準はありません。

例えば、杉の無垢材の床柱(無節材や磨き丸太)であれば通常の柱として使うこともあり、
荷重をかけても問題はないと思われます。

しかし、多くの床柱は非常に希少価値の高い物が多く、最近では表面を単板貼りしたものが多く存在します。

そういった材の中には、芯材も木っ端を張り合せた物が存在し、構造強度に疑問のある物も存在します。

こういった材を『非常造芯』と呼び、荷重をかけないように設計することが大切です。

また貼物であっても、芯材が通常の集成柱のようにラミナを貼り合わせた物や、
本来の無垢の1本物を『構造芯』と呼びます。

また、こういった単板貼りの床柱にも『厚貼』と『薄貼』が存在し、一般的に
厚貼というのは貼ってある単板の厚さが3㎜程度ということを意味します。

薄貼は0.3~0.5㎜位の薄い単板を貼った床柱ということになります。
こういった仕様によっても、床柱の値段は大きく変わることもあります。

無垢材を使ったインテリアを紹介

IMG_1748-columns2

新年明けましておめでとうございます

皆様には、健やかに新春を迎えられたことと、お慶び申し上げます。

また、旧年中はひとかたならぬご厚情を頂きありがとうございます。

2020年「ショールーム オープン」に向けて、
社員一同一丸となりサービス向上に尽力して参ります。

皆様のご健勝とご発展をお祈り申し上げます。

本年も宜しくお願い申し上げます。

IMG_9293-columns3

超高性能見学会

暮らしを変える!リセット住宅
ー 超高性能完成見学会 ー

菊川市/築26年脇屋リセット住宅の超高性能完成見学会を
12月7日(土) 12月8日(日) 開催しました。

断熱・遮熱・耐震を現代の水準で施工して、見た目はもちろん
住み心地も新築同様に生まれ変わるリセット住宅です。


超高性能見学会
おかがさまで多くの方々にご来場いただきました。
ありがとうございました。

超高性能見学会
お客様が見学しながら、当社と他社の違いを
実際に見ていただいています。

「当社オリジナル珪藻土クロス」

「一般的に使われているクロス」

霧吹きで水を吹きかけるとどうなるか
実演している写真です。


超高性能見学会

左↑写真 「当社オリジナル珪藻土クロス」は水分を吸収して表面は濡れていません。

右↑写真 「一般的クロス」の水はそのままの状態。傾けると水滴が落ちます。

お客様は目の前で見て驚いていました。

調湿効果はもちろん、無垢材の木組み空間との調和を考え抜いたオリジナルの壁紙です。

珪藻土クロス

屋根裏や壁のアルミ遮熱シートの効果


太陽からの放熱が建物の中に入る前に反射し、室内の温度を低く保つことができます。


日中で平均5℃以上の熱を遮ることができるので真夏でもクーラーが要りません。


宇宙服にも使われる熱の反射技術を応用したアルミ遮熱シートは夏の暑い陽斜しでも

ロフトや小屋裏が暑くならないので、エアコンがなくても涼しく快適な生活ができます。

家づくり勉強会

超高性能見学会
↑左 遮熱なし 70℃
↑右 当社の遮熱シート「レフミラー」32℃

これは遮熱シート「レフミラー」がどのような効果があるのかを体験できるキットです。

炎天下の日差しをイメージして奥にヒーターが設置してあり、左右均等に温度を上昇させています。

10分間ヒーターをonにして左右の表面温度の上昇経過が温度計に表示される仕組みになっています。

10分後、

左側(遮熱シートなし)は、表面温度が70℃

右側(遮熱シート「レフミラー」)の表面温度は32℃

表面温度にかなりの違いが出ています。

太陽の熱を遮断することが室内温度の快適さへとつながることがわかります。

電力も少なく省エネルギーな住まいになります。

超高性能見学会
手で表面を直接触れてどれくらいの温度差があるか体感しています。

間取りのコラム

『遮熱』に一番効果的な物として"アルミ"が挙げられます。

アルミは赤外線を96%跳ね返してくれます。

最近では、車の日除けや保冷用のバッグなどにも使われているのをよく見かけます。

住宅にも、このアルミを使用した遮熱シートを弊社では採用しています。


外部からの熱を遮断し、室内の冷気を逃さない。

こうすることで、少ない電力のまま一日中涼しく快適な毎日が送れます。

超高性能見学会

お施主様のご厚意により、完成見学会を迎える運びとなり 

2日間たくさんののお客様が足を運んでくださいました。

お忙しい中、ご来場いただきましてありがとうございました。

見学会にご協力いただいたお施主様、近隣の皆様、足を運んでくださった皆様に心よりお礼申し上げます。






菊川市/築26年リセット住宅完成見学会おもて
暮らしを変える!リセット住宅
ー 超高性能完成見学会 ー

菊川市/築26年脇屋リセット住宅の超高性能完成見学会を開催します。

完成見学会では、断熱、遮熱といった現代の超高性能な住まいづくりや、
自然素材のぬくもりを体感できる、省エネ・健康住宅をご覧いただけます。

限られたお時間ですので、疑問に思ったこと、知りたいと思ったことがありましたら、
なんなりとお気軽にお声をお掛け下さいませ。

ぜひこの機会にご来場くださいますようお願い申し上げます。

皆様のお越しをお待ちしております。

日時 令和元年12月7日(土) 12月8日(日) 
時間 10:00~16:00
場所 菊川市嶺田(西嶺田バス停すぐ)

※道に迷ったらお電話ください。090-4865-1233




黒檀(コクタン)

カキノキ科の乗用大高木でインドが原産です。

他にもスリランカなどの南アジアからアフリカに広く分布しており
約400種存在すると言われているその総称をいいます。

芯材は黒色で堅く光沢があり、唐木の一種として
家具・装飾材・細工物、弦楽器などにします。

ピアノの黒い鍵盤にも使用されており、その中でも
セイロン・エボニーは代表的な銘木と言われています。

また黒色の度合いによって、
「本黒檀」(全体が漆喰で光沢がある)
「稿黒檀」(黒色と灰色、帯褐色が稿模様)
「青黒檀」(黒色でやや青緑色を帯びている)
「斑入黒檀」(黒色黄褐色が斑模様)
に分類されます。

樹高25m、幹の直径1m以上になるが、生育がきわめて遅いのが特徴で、
直径が20㎝程になるのに200年はかかると言われています。

黒檀に似て、黒色の「新黒檀」という床柱がありますが、
これは南洋材を黒く着色している床柱で、黒檀は全く使用されていません。

黒色が濃く木目が見えない位に黒い材で貼り物がほとんどです。

こういった銘木は無垢材では、希少のために貼り物が主流となっています。

ピアノ

天然絞り丸太
表面に天然の出絞(波状の凹凸)を持った、天然の絞り丸太です。
突然変異によってこういった形になります。

人造絞り丸太
成長の過程で表面に凹凸が出来るように人工的に作られる絞りです。

出節丸太
磨き丸太んp表面を角面が残らないように製材した柱です。

錆丸太
山で皮を剥ぎそのまま山で寝かせて錆(天然カビ)をつけて出材し磨き上げた特殊な丸太です。



無垢材を使ったインテリアを紹介
無垢材を使ったインテリアを紹介
無垢材を使ったインテリアを紹介

IMG_1586-columns3

調湿、消臭効果のある優しいクリーム色の珪藻土クロスを施工します。
珪藻土の粒が吹き付けてあるので質感が塗り壁のような上質な雰囲気です。

珪藻土クロス

珪藻土は植物性プランクトンに由来する自然素材でホルムアルデヒド等の有害物質を含まず、
木と同じように調湿して家の中を心地よく保ち、壁内の結露を防いでくれます。

無垢の木と珪藻土クロスの色の調和が織りなす落ち着いた空間で暮らしていれば、心も体も健やかに育まれます。

調湿効果はもちろん、無垢材の木組み空間との調和を考え抜いたオリジナルの壁紙です。
珪藻土クロス

珪藻土

藻類の一種である珪藻の殻の化石よりなる堆積物(堆積岩)です。

藻は地球誕生後、最も早く地球上に出現した原生生物の一つで、
光合成により地球上に酸素を供給しオゾン層を作り、
人間をはじめ動植物の誕生を促した、と言われています。

珪藻土は植物性プランクトン(藻)が化石化したもので、昔から火に強い土として、
七輪、コンロ、耐火断熱レンガの原料として使用されてきました。

日本では食べられる土として熊本城の内壁材に使用されて、籠城(ろうじょう)に備えたり、
輪島漆器の下塗材として江戸時代より伝統的に用いられています。

多孔質性の珪藻土は、調湿性能や脱臭性能が非常に優れています。