平常心是道 

16_1-simple

写真を見ると磨き丸太は元から末まで枝がありませんが、枝の無い木とはあるのでしょうか?

元から木の天辺までの枝(節)の無い木は絶対の自然にはありません。

ではなぜ存在するのでしょうか?

磨き丸太や無節柱用のきは小さい頃から枝打ちされています。

成長は遅くなりますが、その過程で(下草狩り・枝打・間伐)を繰り返し、手間暇をかけてゆっくりと成長させます。

こういった丸太は成長が遅く、太くなるまでに年数を要するため、雪の多い地域では雪重にたえられず、
曲がってしまうので、育てる事が難しくなっていきます。


株式会社ユキトシ2015年新潟伐採ツアー

その中でも目通り36㎝程度の特に大きな径木のみを集め、大空間にあっても
見劣りする事のない存在感のある磨き丸太を使っています。

その樹齢は「80年~120年程」の木がほとんどで、簡単に切り出せる木ではありません。

その木を山で伐採し、半年ほどはがらしを行い山から搬出し皮を剥ぎます。


木材に関しての基礎知識

背割れが開くまでに期間を要し、すぐには使えないので1~2年先に使う丸柱を確保しておいて、
現地でしっかり保管しておくことが乾燥材を使うためにはとても重要です。

その後、蔵や調湿倉庫で2~3年程、背割れが開くまで天然乾燥されます。

この間調湿がしっかりできていないと大きく割れる可能性があります。

乾燥ができた磨き丸太は、表面を磨きあげられて出荷されます。

この様に磨き丸太はただの丸柱ではなく「価値のある天然木」だと言えます。

加工場へ到着した磨き丸太は、熟練の大工さんのてによって墨付け行い、加工されます。

未元寸法や形の違う丸太に90度の角度をきっちりと出し、四方から差し込まれる梁を
どの程度差すのかを加工場で大工さんが最終判断し加工しています。

少しでも加工精度が悪ければ建物に支障をきたす所です。

熟練の大工さんが居てこそ、大径の丸太を使うことが可能になります。


IMG_9169-columns3

キッチン奥の階段下は食品庫です。

防虫、調湿に優れた桐で仕上げました。

収納量もあって、使いやすい位置で便利です。

桐は、湿気を感じて放出されるタンニンがカビを防ぎ、消臭効果もあるのでいつでも快適です。




家づくりのアイディア集

家事をしながら家族の様子を見渡せる動線を考えた家づくり

普段は使わないけど、たまに使う鍋やコンロなども物入れにしまわず、食品庫へ。

よく使う物だけをキッチンの廻りへ納めるひと工夫もできます。

visual_idea-columns1
家づくりのアイディア集 [ バス&サニタリー ][ キッチン ] [ 収納スペース ]





菊川市/築26年リセット住宅完成見学会おもて
暮らしを変える!リセット住宅
ー 超高性能完成見学会 ー

菊川市/築26年脇屋リセット住宅の超高性能完成見学会を開催します。

完成見学会では、断熱、遮熱といった現代の超高性能な住まいづくりや、
自然素材のぬくもりを体感できる、省エネ・健康住宅をご覧いただけます。

限られたお時間ですので、疑問に思ったこと、知りたいと思ったことがありましたら、
なんなりとお気軽にお声をお掛け下さいませ。

ぜひこの機会にご来場くださいますようお願い申し上げます。

皆様のお越しをお待ちしております。

日時 令和元年12月7日(土) 12月8日(日) 
時間 10:00~16:00
場所 菊川市嶺田(西嶺田バス停すぐ)

※道に迷ったらお電話ください。090-4865-1233




IMG_1945-columns3
洗面脱衣室/タモ

お風呂上り、足裏が気持ち良いタモ材を貼りました。

職人が一枚ずつ手で掘って模様を付けています。


タモは、モクセイ科の広葉樹であり、主な原産国は日本・中国・ロシアです。


その木目の美しさが特徴の一つといわれるほど、はっきりとした木目が流れており人気の木材です。


広葉樹のなかでも大きく育つタモですが、木目は木の深い部分まで美しく流れているため、

きれいな木目が入った均質な木材がまとまって取れるそうです。

 

タモは、反発力が強い木材で、力を加えてもたわむ特性があり、折れにくい木材です。


また、加工もしやすく、家具だけでなく野球のバットやボートのオールなど

多くのスポーツ用品の材料や楽器としても使用されています。




牧之原市/郷の家タモ材

郷の家(新発田モデルハウス)

郷の家

[新潟県新発田市新栄町]

郷の家(新発田モデルハウス)

自由設計住宅「いこいの家」と隣接しているモデルハウスです。
内装の趣を変えたそれぞれの”木の家”をお楽しみ頂けます。

郷の家(新発田モデルハウス)

無垢の家に興味を持っていただけた方、モデルハウスを見てみたい方は、新潟にある夢ハウス本社へ見学ツアーをご案内しております。

モデルハウスへの宿泊体験も可能です。
モデルハウスで料理、入浴、一晩おやすみいただくと
健康な家だとこんなにリラックスできるんだと実感していただけます。


・郷の家、tsumiki、リセット住宅モデルハウスの見学

・夢ハウスの職人力を間近に感じられるプレカット工場見学

・春と秋には自社育成林での伐採体験もご参加いただけます。
662b4695b0197a4cb3a05adefbbe47c52-columns1

IMG_14851-columns2
寝室は桐の無垢フローリング
優れた調湿効果、消臭効果、防虫効果のある桐材。
踏み心地が柔らかいので足裏から癒される素材です。



世界の良材(桐)

熱伝導率は0.063kcal/mh℃で、非常に熱を伝えにくい性質があります。

これは材内に空気を多量に含んでいるためです。
(例:タモ⇒約0.1kcal/mh℃・ケヤキ⇒0.123kcal/mh℃)

発火点はおおよそ425℃といわれ(杉は約240℃)、非常にもえにくいため「金庫の内壁」などにもよく用いられてます。

調湿作用も高く、乾燥後の寸法変化も少ない為「桐たんす」などに用いられ高級品として扱われています。

また、多孔質であるため大変音響性に優れています。

古代より琴等の楽器に使用されてきました。

桐材は柔らかいので、非常に肌触りも良いのですが重い物をぶつけてしまうと傷や凹みができやすい性質があります。

しかし多孔質のため、水を含ませアイロンを充てると、少しの傷は修復してしまうほど復元力のある素材でもあります。


多孔質であるということは、空気をたくさん含んでおり、調湿効果、保温効果も非常に高く、
冬場の温度差による結露を抑え、カビの発生を防ぐことにもつながります。

天然素材と工業製品の違いは、そういった健康面でも大きな違いがでてきます。


また日本国章は「菊」ですが、日本政府、内閣府、内閣総理大臣の紋章が「桐(五七の桐)」になっています。

「桐紋」はいままでは一般的な家族の種類ですが、元は天皇気だけの紋章でした。

そのために「皇室の人間ではない一般人でも使える高貴な紋」として有名な
豊臣秀吉の太閤桐をはじめ、古くから使われているものです。

IMG_8092-simple

家の中が暑くなる理由は?

そもそも夏の住宅が高温になってしまうのは、太陽からの強い日差し(赤外線)の輻射熱により
住宅そのものが熱せられ、室内にその熱が届いてしまうことが原因です。

しかも断熱材が熱を閉じ込めてしまいます。

要はこの熱を室内に入れなければいいのですが、そこでポイントとなるのが『遮熱』です。
間取りのコラム

どうやって遮熱するのか?

この『遮熱』に一番効果的な物として"アルミ"が挙げられます。

アルミは赤外線を96%跳ね返してくれます。

最近では、車の日除けや保冷用のバッグなどにも使われているのをよく見かけますね。

住宅にも、このアルミを使用した遮熱シートを夢ハウスでは採用しています。

ここで大切なことは、屋根から壁にかけ住宅をスッポリ覆うことです。


間取りのコラム

↓写真は弊社で使われる住宅の壁に設置する遮熱シートです。

この遮熱シートも、ただ使えば涼しくなるというわけではありません。

きちんとした施工方法があります。

屋根や壁の中のどの部分に入れるとか、通気の確保も同時に行うなど、細かな決めごとが存在します。

住宅会社によっては、この決めごとが徹底されていないところもありますので、注意が必要です。


IMG_1403-columns2
防水シートタイベックシルバー
どれぐらいエコで、快適になるの?

遮熱だけでなく床・壁・屋根に施す断熱材を高性能にすることで、エアコン1台でも家全体を冷やす事が出来ます。

外部からの熱を遮断し、室内の冷気を逃さない。

こうすることで、少ない電力のまま一日中涼しく快適な毎日が送れます。

これならばエコですし、気兼ねなくお使い頂けるのではないでしょうか。

福岡大学の須貝教授による夢ハウスの省エネ性能を調査した結果には、
国がだした次世代省エネルギー基準に対して
大幅に節電・節約ができることが証明されました。

それに加え天然無垢の木をふんだんに使用すれば、調湿の作用も働き、

35℃の真夏日でも外気温との体感温度差は10℃になります。

間取りのコラム

構造見学会で体感してみよう

遮熱シートは住宅の見えない部分にあるため、完成後の見学会では見る事が出来ません。

しかし、『構造見学会』という建築途中の現場を見ることのできるイベントで遮熱シートをご覧になれます。

会場内では実際にエアコン1台のみの稼動でお客様をお迎えしています。

暑ければ暑いほど、その涼しさに驚かれるはずです。

遮熱シートに関する細かな見極めポイントも含め、家計に優しく、涼しく快適な空間をぜひ見学会でご体感ください。

築25年脇屋リセット住宅 

発泡ウレタン断熱

外壁は発砲ウレタン60mm厚で吹き付けました。

透湿性のない高質ウレタンです。

冷凍庫に使われるほど高断熱で、湿気を吸わないので、
断熱効果が下がったり壁の中でカビが生える心配がありません。

60mmの厚さに仕上げて高断熱の省エネ住宅になります。


硬質発泡ウレタン
(こうしつはっぽううれたん)
基本的に現場で直接吹き付けるタイプのには断熱材、「硬質ウレタン」が多く使われています。

この「硬質ウレタン」は、高い断熱性能があり、直接吹き付けるため、
気密に関する施工も同時に行うことができます。

気密工事も同時に行う上で、木材は年月の経過で痩せるため、木材への接着性能を高め、
隙間(断熱欠損)を作らない吹付断熱材を使う必要があります。

断熱方法としては、「内断熱(柱と柱の間で行われる断熱方法)工法」となります。

したがって、現場にて直接、吹き付ける断熱材のメリットは、「高い断熱性能と気密性能」を同時に施工することができる上、
大工さんなどが施工するグラスウール系の断熱材と違い、専門の吹き付け業者が責任施工で行うため、
どんな住宅でも同様の性能が担保されるメリットがあります。

築25年脇屋リセット住宅 

防水シートタイベックシルバー

断熱工事が終わると、防水シート施工です。

タイベックシルバーは空気層を設けることで遮熱効果もあります。

吹きつけたウレタンの上に遮熱防水シートでぐるりと家全体を包みます。

サッシは複層断熱窓を付けてあります。

3年ほどこの脇屋に住まわれていたので、新しくなった性能の変化を感じていただけると思います。


IMG_1362-columns3

遮熱シート
(しゃねつしーと)
数百度の寒暖差がある宇宙環境に耐える、宇宙吹くの赤外線反射構造を採用しており、
熱の原因である赤外線を96%カットします。

断熱材との組み合わせにより、屋根の表面は78度の高温でも小屋裏の天井面は27度という高断熱を実現します。




b5afff45-6e92-4098-9246-6f075e8fda2f-simple

解体すると、天井、壁に入っているグラスウールの断熱材は湿気で収縮して、壁の中は隙間が多く断熱材の効果は無かったと思います。

スポンジのように乾けば元の大きさに戻ればよいのですが、グラスウールは一度縮むと元の大きさに戻りません。

ですから内部結露になる原因にもなることがあります。


IMG_1061-columns2

断熱
壁と天井は隙間なく断熱材を敷き詰めます。

この写真の広さを、寝室とウォークインクローゼットにしていきます。

↑写真は高質断熱材ミラホームラムダです。

断熱性能は熱伝導率0.022Wmkを実現しました。

さらに防水性能NO.1.ウレタンホームと比較して給水量が小さいので、給水による断熱性能の低下は心配ありません。

2階は真夏の屋根からの熱をしっかりと遮るように施工することが重要です。

02_02-columns3

《使用断熱材》
ミラフォームΛ(ラムダ)

熱伝導率は、コンクリートの約1/50で省エネ効果に優れた断熱材です。

壁・床・天井に敷き詰めて断熱効果が高まります。

部屋側の壁は断熱材の隙間をなくし、外壁側は風が通る用に施工します。

そうすることで断熱効率がアップし、省エネに繫がります。

内部結露を防ぐためには、壁の内側に通気層を確保し通気性を高め、湿気による躯体の劣化を抑える事が大切です。



18-2-columns2
寝室
桐の床は踏み心地が特に柔らかく暖かいので癒し効果抜群です。
湿気の籠もりやすい寝室にぴったりです。

before
20-1-columns2

→
after
20-2-columns2

今まで使われていなかった5帖スペースはウォークインクローゼットになりました。

壁側にぐるっとレールをつけて大量の洋服を掛けられます。

直射日光を避ける北側スペースで位置的には最高です。

総桐仕上げのウォークインクロゼットは3方の壁H1800*D450の棚、その下にステンパイプをつけ使い勝手を良くしました。

洋服をたくさん掛けられ下側の空いたスペースにもたくさんの荷物を収納することができます。

天井、壁、床と総桐仕上げのウォークインクロゼットは抗菌効果、殺菌効果、調湿効果もあり大切な衣服や荷物を守ってくれます。


間取りコラム

天然木には湿度が高いときは水分を吸収し、湿度の低いときは水分を表出するという「調湿作用」があります。


結露を防ぎ、快適な湿度で生活することができます。


特に桐は天然木の中でもより調湿作用の優れた素材。


当社では収納などの内部にすべて桐材を使用しています。


調湿効果によりアトピーやアレルギーの原因となる菌やハウスダストを防ぎます。