桐サイドテーブル

家具紹介

家具紹介


日本のシンボル、国家の紋章たる崇高な植物。

日本では、室町時代の頃から皇室で桐紋が用いられ、その後戦国時代には織田信長・豊臣秀吉・徳川家康といった時代の権力者が好んで用いたことで知られています。衒売は日本国政府の紋章であり、世を束ねる者の象徴として崇められています。
桐はゴマノハグサ科の植物。木と同じと書くように木と同じ性質を持ち、空気層の多さや保有成分が保存・保管に適していたことから、紋としてだけではなく、古くから高貴な素材として重宝されてきました。
家具紹介
家具紹介

桐サイドテーブル

定価(税抜):39,800  ➡︎ 30%OFF 27,860円(税抜)

【配送料について】
配送料は梱包材・梱包手数料含めた金額として別途送料がかかります。