【御前崎市】築60年古民家再生/減築リセット 現場の様子

【御前崎市】 築60年古民家再生/減築リセット住宅

「親が守ってきた築60年の家を快適に暮らせるようにリフォームしたい」とご相談をいただいてから約10ヶ月。
その間には弊社の現場見学会にもお越しいただき、
天然木での住まいづくり、現状での不満点やどんなリフォームにしたいかと打ち合わせを重ねてまいりました。

間取りは建具で仕切る昔ながらの田の字で、現代の生活には不便が多く、荷物置き場になりやすいです。
今まで1人暮らしだったお母様は、普段は増築した脇屋で過ごしていましたが、
そちらは鉄骨造りのため暑さ寒さが厳しく、
32年前にリフォームした際の影響で床は抜けそうなくらいブカブカに痛んで危険な状態でした。
傷みの激しい脇屋は解体し、母屋を新築同様にリフォームしていきます。

御前崎市/古民家再生

より築年数のある、伝統的な木造のほうを残そうと決めたのは、
やはり家に対する「想い」だと思います。
新築では出ない味わいのある柱や梁、天井の雰囲気だけだけでなく、
この家に刻まれた家族の思い出を残せるのがリフォームの最大の魅力です。

ほとんど使われていなかった和室4間を、
現代の生活に合うように甦らせていきます。


施工の様子

構造躯体のみに解体
リセット住宅は、無垢の構造材を活かして新築同様に甦らせる大規模リフォームです。
まずは大黒柱や梁など残す部分に傷をつけないように丁寧に解体します。
構造躯体のみ(スケルトン)になってから、土台や柱などを整えていきます。
御前崎市/築60年古民家再生
解体前


御前崎市/築60年古民家再生
解体後


御前崎市/古民家再生基礎の作り直し
新しく基礎を作る
バリアフリーにするため、床高を上げて揃えるので基礎も新しく作り直します。ジャッキアップして家を支え、柱を切ったところです。
御前崎市/古民家再生
土台や柱など現場加工
プレカットで届く新築と違い、リフォームは現場で加工。大型リフォームともなると、経験豊富な大工さんでないと難しい現場なんです。
御前崎市/古民家再生
脇屋との接続部を補修
古い材でも使えるものは活かします。
解体したところを一部増築して外周を整えると、間取りもスッキリとまとまります。