睡眠に最適なマットレスのサイズ


睡眠に最適なマットレスのサイズ

ベッド選びの基本は、まず自分にぴったりのサイズを知ること。

ゆっくり体を休め、快適な睡眠をとるには、どんなサイズがいいのでしょうか?

ベッドは決して安い買い物とは言えません。

せっかく購入したのに「サイズが合わない」「ベッドを置いたら部屋が窮屈になった」などと後悔しないためにも、

まずはあなたの体に合ったベッドサイズを確認して、一番自分に合ったベッドを見つけましょう。


快適なベッドサイズとは?

まずは、ベッドのサイズにはどのようなサイズの種類があるのかを確認しましょう。

主に一般的なベッドのサイズは5種類です。それぞれのサイズを正確に知ることから始めましょう。

一般的に寝るときに最低限必要とされるスペースは身体の幅にプラス約30㎝と言われてます。

その点を考慮した上でより良いサイズを選びましょう。

間取りコラム


シングルサイズでも一人で寝ることはもちろん充分可能ですが、寝返りを打ったりすると、うっかり落ちてしまうことも。

約20cmシングルサイズよりも大きいセミダブルサイズにすることで、よりゆったり休むことができます。

間取りコラム


二人用ならダブルで決まり。

そうお考えの方が多いのが現実ですが、実際に二人で寝てみると余裕はほとんどなくなってしまいます。

(※体の大きさによりますが)
お二人でもゆとりをもって快適に寝ることを考えるのであれば、クイーンorキングがオススメです!

間取りコラム


お子様が生まれた時の事を考えて、またはすでにお子様がいて大人二人とお子様でお休みになる場合は、

クイーンサイズでも少し狭いので、キングサイズ、

もしくはシングル・セミダブルサイズのベッドを2台な並べてのご使用がオススメです!

特に、シングル・セミダブルサイズのベッドを2台並べてご使用になる場合は、

キングサイズよりも横幅にゆとりができるので、お子様を挟んでお休みになる場合でも、

かなりゆったりとしたスペースでお休みいただけます。

もちろん、将来お子様が大きくなり、

ベッドを分けて別々のお部屋でお使いいただくこともできるためとてもオススメです!


「ストレス」ないレイアウトに必要な「ゆとり」とは?

ゆったり快適に休める自分のベッドのサイズが決まったら、次はベッドを使用するお部屋のチェックです。

まず、寝室はベッドが入る広さかどうか。

またベッドのまわりに歩くスペースはちゃんと確保できているか。

以上の点に注意して購入前の最終チェックをしましょう。

間取りコラム

①ベッドの周りの歩くスペースはどれくらい必要?

ベッド周りには歩くスペースとして、約60cm以上のスペース確保しましょう。

ベッドを脇に寄せる場合は50cm程のスペースを足元に作るとベッドへの出入りがスムーズになります。


②ベッドメイキングのスペースを設けましょう

ベッドを2台並べて使用する場合はベッド間に50cm程のゆとりを設けることによって

スムーズにベッドメイキングをすることができます。


③壁際のスペースはどれくらい必要?

ベッドを壁に寄せる場合は、寝相などによって掛け布団がずり落ちやすくなります。

布団の厚み分として、10cm程度壁から離して置くのが理想です。

また、壁にくっつけすぎてしまうと、ベッドと壁の間に空気が流れず、カビが生えてしまう恐れもあります。


家具とベッド間とのスペースの確保も大事

間取りコラム

ベッドフレームの下に引出し収納がある場合は、引き出しを引いてものを出し入れするために、

引出しの奥行きに合わせて必要なスペースを確保しましょう。

商品にもよりますが、およそ150cm程あれば十分です。

また、ベッドの脇に時計やライトを置くためのナイトテーブルがあるととても便利です。

ナイトテーブルの購入も考えている方はその分のスペースも考慮しましょう。