森と木の家の落とし穴ー「集成材」と「天然無垢材」ってなんですか?

「集成材」と「天然無垢材」ってなんですか?

「集成材」とは、

ラミナと呼ばれる挽割った板材を接着剤で貼り合わせたもの。

これを1本の柱や梁として構造躯体に使います。

100年ほど前にドイツで生まれた材料で、日本の住宅に使われるようになってから、

まだ十数年という、歴史の浅い材料です。



「十分講座」

「レゾルシノール系集成材とは?」

接着力が高く、水分の多いラミナでも強力にくっつきます。

このため、施工後にラミナが乾燥し、収縮を始めると、接着剤ははく離(※)せず、

弱いラミナの方が割れます。

また、ほんの数年まで、健康を害する可能性を持つ

「ホルムアルデヒド」などを多く含んでいました。

焼却処分時にもダイオキシンなど有毒な化学物質を発生させます。

(※はく離とはラミナがはがれる現象です。)


「イソシアネート系接着剤とは?」

レゾルシノール系接着剤の反省から、健康に配慮した材料として登場しましたが、

今度は接着力が弱く、02年にはドイツから、05年には中国から出荷された集成材」はく離。

しかし、問題なのは両方ともJAS基準をクリアしていたこと。

現在でも材料を認可した農水省と、確認申請を許可した国交省が責任の押し付け合い。

補償の結論は出ていません。


「天然無垢材」とは

山や森で育った原木(丸太)から、使用する大きさに挽き割った材料。

古来より日本の建築文化に深く根付き、

現存する歴史的な寺社仏閣もみな天然無垢材による木造建築です。

日本最古の木造建築「法隆寺五重塔」など約1400年以上も立ち続けています。

天然無垢材は、こんなにも耐久性のある材料なのです。




家づくり用語集


レゾルシノール系接着剤

硬化後の色が黒いので黒ノリと呼ばれる。
水分の多いラミナでも協力に接着し、剥離の心配は少ないが、施工後にラミナが収縮を始めると、弱いラミナの方が割れます。
接着剤の中に人体への悪影響を及ぼす可能性のあるホルムアルデヒドなどの揮発有機化合物を含む。
また、焼却処分時にもダイオキシンなど有毒な化学物質を発生させます。
夢ハウスではこのような健康に害をもたらす危険性が高い建材を使わずに、自然素材を用います。
貼り合わせのない無垢材と、調湿効果のある珪藻土をクロスにして室内を包み込んでいます。
ホルムアルデヒドの気中濃度は厚生労働省の指針値の5分の1の数値であることがわかりました。


イソシアネート系接着剤

無色なので通称白ノリと呼ばれる。木肌の色合いを邪魔せず、コストも安いため急速に普及しているが、接着性能の低くなる可能性が高い。
2002年にはドイツから、2005年には中国から出荷された材料が剥離。
そして更に問題なのは両方ともJAS規準をクリアしていたこと。
夢ハウスではこのような剥離の危険性が高い建材を使わずに、貼り合わせのない無垢材を用います


ホルムアルデヒド

建材や家具の接着剤からでる人体に悪影響を与える成分。
大きく分けてイソシアーネート系接着剤とレゾルシノール系接着剤がある。
「十分講座」