森と木の家の落とし穴ー天然無垢材を現代住宅に活かす乾燥技術と工法

天然無垢材を現代住宅に活かす乾燥技術と工法

弊社乾燥材「ドライキューピット」とは?

全国でもいち早く「高温乾燥」に取り組み、木材乾燥機「ドライランバー」の許可を取得しています。

これにより、乾燥無垢材「ドライキューピット」の安定供給に成功しました。

乾燥直後から合計3回も含水率計(㈱ケット化学研究所MOCOⅡ)で抜き取りチェック。

さて、肝心の含水率ですが、構造躯体(柱・土台・梁)に使用する木材は、乾燥機からの出庫時点で10%以下が弊社規準。

加工を済ませ、現場搬入時でも15%以下になるよう管理しています。

室内に使う内装材は5%以下まで落とし、フローリングなどは板材からの加工段階で、さらに3度も含水率形で抜き取りチェックを行っています。

「十分講座」

弊社独自の「SD工法」とは?

しっかりと乾燥された木材を「いかに活かすか、どのような工法で建てるか」というのも工務店の技術です。

弊社の「SD工法」は、通気工法と「ドライキューピット」を併用。

構造躯体が常に空気にさらされているので、湿度と平衡しています。

これにより、構造躯体や内装材の収縮・変形、内部結露の発生を防ぎ、しかも天然無垢材特有の住む人にやさしい健康効果も保っています。

集成材のように耐久性や強度、シックハウスの心配がありません。