牧之原市波津 新築 天然木「木のひらや」60坪 耐震・断熱・遮熱

IMG_98731
実際に2度の震災(新潟中越、新潟中越沖地震に耐えてきたからこそ理論以上に自信を持ってお客様に勧めることができます。実験ではありません。  夢ハウスの軸組パネル工法は一般的な住宅の筋交い工法は、国土交通大臣認定 壁倍率3.3倍です。柱と柱の間にパネルを差し込んでいきます。筋交い工法の金物(点)で支えるのに対して4面で支えるので地震に強く、強風にも負けません。
IMG_2149
平成16年10月23日におきた新潟中越大震災M6.8が発生し、集落内で唯一「被害の無かった」建物として、話題を集め、NHKクローズアップ現代で3度取り上げられたSDパネル工法です。 写真は寝室の様子です。正面がご両親のウォークインクロゼット2ヶ所分の下地の様子です。この部屋の床には桐の30mm厚のフローリングを施工していきます。寝室ですので総桐仕上げとなります。 床構造は一般在来工法の3.7倍の耐力がある剛床工法です。 地震に強い住宅は主に壁の強度が上げられますが、実は床も同じくらい大切です。大引きを一般在来は910mm間隔ですが、剛床は455mm間隔で施工していきます。さらに一般在来は根太を釘留めに対して、剛床工法は釘を使わず、サネ(♂、♀)を造ってはめ込んでいくので、お互いの設置面がたくさんあるので、壁に力が上手く伝わり、面で支えるから丈夫で強い! また、床面に白く:見えるのはポリスチレンホーム30倍発砲の断熱材です。90倍で発砲した商品が良く魚屋さんで使われているパキパキ折れるスチロールの箱ですが、30倍発砲なので、硬くて、70kgの人が乗っても折れません。30倍で発砲したものが断熱効率が一番よいです。厚みも75ミリあります。455mm間隔の間にピッタリ入ります。実際に南極の昭和基地で40年経っても劣化がほとんどありませんでした。実証済みです。  湿気を含むとチジンデしまうグラスウールは建築業界の50%はいまだに使われています。値段が安いことと施工が簡単だからです。 住み始めて、「最初の2,3年は暖かかったけれど段々寒くなってきた。」と言う方はグラスウールのチジミかもしれません。 何十年も住む家なら最初にちょっと金額を出して、劣化しない断熱材を入れておけば光熱費で取り戻せるので省エネで環境にも貢献できます。
IMG_2102
2階の床も1階と同じ剛床工法です。大引きの角材の太さが97mm×97mmあります。それに比べて一般在来の根太の太さは45mm×51mm 、断面で比べてみると約4倍の材料になります。そして、910間隔に対して455ですから、4倍×2=8倍の材料になります。ここに価値があります。全て本物の無垢材(松)です。松はヤニが出るほど粘っこいので適材適所で使ってやることを「木まわし」と昔の大工さんは言っていました。その無垢材の特徴を生かして使ってあげることが肝要です。 そうでない使い方は「木チガイ」と言うようです。杉や桧はたての方向に強いので柱に、松は横に枝が出るので梁に使ってあげると、木も喜んでくれます。
IMG_0079
屋根パネルも2.8倍率の耐力があるように設計されています。 室内側に66mmの高質ウレタンホームを施工してあります。屋根側には通気工法をとってあり、その間に太陽の赤外線を96%カットするレフミラーがはさんであります。両サイドに18mm以上の空気層を取ることがその性能を最大限にはっきする大切な条件になります。 工場の機械でここまで作ってくると正確な施工ができることと、工賃を抑えることができます。今までの一般在来工法にに比べて工期も短縮することができますし工賃を抑えることになります。
IMG_21851
屋根の中心から両サイドにふって施工していきます。
室内側には、すでに工場で赤松無垢の付き板が施工されて着ます。屋根パネルの先(軒天)まで工場で施工されてきますので、屋根パネルが施工完了時点で室内の天井、軒先天井まで完了してしまいます。
もし、一般在来の現場であれば、吹き抜けに足場を組んで、6.5mの天井を向いて、大工さんが赤松無垢の突き板を一枚いちまい目地を合わせて施工していきます。外の軒天の施工も同じことです。さて、何日かかるでしょうか?気が遠くなる話です。
こうして、価値ある商品をお客様に1円でも安くできるように40年以上企業努力してきた結果です。
素晴らしい!
お客様も、三日間でここまでできたことに感動してくださいました。