掛川市大阪 築38年 リセット住宅 天然木リノベーション 基礎/耐震補強工事

IMG_1117
リセット住宅は、一般的なリフォームと違い、柱、梁土台を残して、スケルトン状態まで解体します。 そうすることで、間取りの変更もスムーズにでき、新築同様の仕上がりになります。新築のように目に見えない部分に経費がかかりませんので、その分内部の仕上がりにお金をかけることがで、快適な生活ができます。
IMG_0768
写真は、以前食堂だったところをトイレ、洗面に変更し、LDKは採光、風通しが良くなるように東、南面にレイアウトしました。 昔の家は、よく北面に台所があって、昼間でも電気をつけないと食事できない間取りがほとんどです。 そういった部分も今回のリノベーションで解決していきます。
IMG_0769
38年前に造った大工さんも筋交いと金物でしっかり造ってありました。 今回の耐震補強工事はパネル補強で対応していきます。 筋交い補強1に対して片面パネル2.5倍で補強していくのでさらにしっかりした構造躯体になり、強くなります。 最近は余震で建物が倒壊しています。一回目の震度7で筋交い金物が緩んだり、外れたりし、二回目の余震6が続けてきて、倒壊してしまうと言う状況です。 ですから、現在の建築基準法クリアでは安心できません。(最低基準)2回、3回の余震にも耐えれる補強でなくてはなりません。 費用はかかりますが、耐震等級3レベルでないと安心はできません。
IMG_1006
写真は北面に下屋があって通路+ボイラー室があり、その部分に基礎を造りキッチンスペースを造りました。以前の和室6畳とトイレ、押入れ、廊下部分を解体して、採光、風通しの良いLDK16畳が出来上がります。 間取りを考えるのに大切なことはなるべく廊下を少なくすることが、いい間取りを造るコツです!