築90 古民家再生 天然木水廻りリノベーション(リセット住宅)断熱工事

IMG_0571
天窓をとることで室内が明るくなりました。断熱性能0.022W/m/K以下の高性能断熱材をしよう。湿気や水分で変形しない断熱材です。
この断熱材を施工した後は、この寒い冬でも室内に入ると暖かさを肌で感じます。ただ、大工さんは大変です。一枡、一枡の大きさが違うので、入れていくのにふうふう言ってました。ピッタリはまると断熱効果抜群です。
IMG_0572
写真はキッチンスペースになるところです。古民家は下屋が長くて天井が低いので、採光が入りにくい造りになっています。キッチンスペースをとるのに一般住宅に比べ難しくなります。リフォーム前は各部屋に床の段差があった為、何とか今回のリノベーションで解決するために、今まで天井に隠れていた太い黒い梁を出し天井高さを取って、床のバリアフリーを実現!またそうすることで、床下のスペースがとれ床下の換気も良くなり一石二鳥です。
IMG_0567
外壁はガルバニュウムを施工しています。断熱材を室内側にビッシリ施工し、外側に風が通るように防水シートを施工します。アルミ入りの防水シートなので空気層を取ることで、遮熱効果もあります。ガルバニュウムはトタンと違い錆びにくく軽量なので、躯体にかける負担も少なくなります。
IMG_0573
勝手口の出口と地面が高低さが大きいためコンクリートで階段をつくり、エコキュート設置部分もコンクリートを打って固定します。