桐オットマン

家具紹介

家具紹介

畳でのお座り文化が根底にある日本人にとって、足を伸ばしてすごす時間は心身のリラックスに直結します。
フローリングの住宅が一般的な現代の住宅で、まるで座椅子のようにくつろげるリビングを叶える隠れたお役立ちアイテムです。
ソファと共に一台あるだけで不思議と統一感や高級感が生まれるのも魅力の一つです。

家具紹介

家具紹介

広い座面幅60㎝

「足を乗せるだけ」にとどまらず、
イス代わりについ腰掛けてしまいたくなるオットマン。
ソファと同じクッション・カバーを使用し
座ることも想定しているので広い座面は
使い方の幅が広がります。

家具紹介

オットマンの硬さもソファの座面同様に快適さを担う重要な要素の一つです。
ソファに腰掛けた時にオットマンの高さが程よく、足への負担が少ない高さを計画し制作しています。
クッションの硬さは桐ソファシリーズ同様、沈み込みすぎず適度な弾力性のある高反発クッションを採用。
桐ソファに座り、足を伸ばした時のソファとの一体感は驚くほど自然です。

家具紹介

家具紹介

クッションカバーも自然素材 綿100%の肌ざわり。

夏場や冬の暖房の効いた部屋では
蒸れてしまいがちな合皮や
マイクロファイバーとは異なり、綿100%素材
なので1年中さらりと心地よい肌ざわりが特徴です。
小さいお子様も安心です。

家具紹介

家具紹介

長時間使用してもズレない。

取り外し式のクッションの裏側と
桐の台座には強力なマジックテープがついています。
これによってクッションがズレることはありません。

家具紹介


日本のシンボル、国家の紋章たる崇高な植物。

日本では、室町時代の頃から皇室で桐紋が用いられ、その後戦国時代には織田信長・豊臣秀吉・徳川家康といった時代の権力者が好んで用いたことで知られています。衒売は日本国政府の紋章であり、世を束ねる者の象徴として崇められています。
桐はゴマノハグサ科の植物。木と同じと書くように木と同じ性質を持ち、空気層の多さや保有成分が保存・保管に適していたことから、紋としてだけではなく、古くから高貴な素材として重宝されてきました。
家具紹介

家具紹介

失敗しないソファ選びのポイント
http://www.reform-yukitoshi.co.jp/staff_blog/madori-staff_blog/madori-koramu-sofa-erabi.html

家具紹介



本体材質
クッション材質
桐無垢材
綿100%
商品重量
総重量(梱包材含む)
6.5㎏
10.5㎏
カラー ベージュ
ブラウン
その他仕様 ホワイト顔料塗装後、サンガードクリア塗装
クッションカバーは取り外し式で洗濯可能
家具紹介

オットマン
定価(税込):29,700円  ➡︎ 40%OFF 17,820円(税込)